「10分でわかる」米国特許最新事情

第7回 意匠特許についての解説

今回は、意匠特許を説明しています。実用特許、植物特許と共に米国特許の大きな要素となっています。物品の装飾的外観を保護する意匠は、わが国では特許とは全く異なる制度であり、意匠法という法律が特許法とは別に設けられています。こ …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.08.03

第6回 植物特許についての解説

米国特許としては、実用特許(Utility Patent)、植物特許(Plant Patent)、意匠特許(Design Patent)の3つがあります。これまでお話ししたブランコの揺動方法、アップルの多機能デバイス等の …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.07.27

第5回 Googleが最近取得したばかりの米国特許7912915号

今回は、Google、Inc.が取得したばかりの米国特許7912915号を参照しながら、最新技術に触れてみましょう。 検索画面の最初に出てくるGoogleの文字にストーリー性を持たせたり、特別なイベントに合わせてこの文字 …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.07.20

第4回 今、話題のアップルの携帯型多機能デバイス特許から解説

今回は、米国特許(US Patent No.7966578号/US 2008/0168405)を訳しながら、最新の技術に触れてみましょう。タッチスクリーン周辺で指のジェスチャによりコンテンツを移動させる方法の発明ですが、 …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.07.13

第3回 7歳の男の子が発明した「ブランコの揺らし方」の発明

今回ご紹介する特許は、米国で話題になったブランコの揺らし方の発明です。このようなものが特許になるのでしょうか。実際にこれは米国特許第6368227号として特許になっています。更に驚くことに7歳の男の子が発明したものです。 …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.07.06

第2回 「トイレ使用の予約システム」の発明

米国の実用特許(Utility Patent)を知るために、先ず米国で話題となった興味深いアイディアの発明の特許を見てみましょう。米国特許第6329919号の”system and method for providin …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.06.29

第1回 米国特許庁データベースにアクセスする

日米特許摩擦、ビジネスモデル特許ブームなど、プロパテントの米国によって、日本の特許制度はこれまで大きな影響を受けてきました。 日米審査ハイウエイなど、今後も我が国と密接に関連していく米国特許を知るために、まず米国特許庁W …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.06.22

ごあいさつ

米国発のビジネスモデル特許ブーム、世界的な特許審査ハイウエイの実施など、特許審査は今やグローバルな方向へと向かっており、各国も独自の特許要件や審査基準に固執してはいられなくなりました。特許のグローバルな手続に対する関心、 …

続きを読む

「10分でわかる」米国特許最新事情 | 2011.06.14