ごあいさつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国発のビジネスモデル特許ブーム、世界的な特許審査ハイウエイの実施など、特許審査は今やグローバルな方向へと向かっており、各国も独自の特許要件や審査基準に固執してはいられなくなりました。特許のグローバルな手続に対する関心、利用度はますます高まっています。

このような時代においては、まず米国特許制度の理解、そして各国Webサイトを閲覧できる英語力が必要とされます。国際出願は現地代理人に一任するのではなく、出願人自身も刻々とアップデートされる知識を身につけ、指示、アドバイスできることが今後の特許出願人に求められる資質となるでしょう。

「知財立国」のスローガンを掲げる我が国においては、特許翻訳に携わる者にますます高い見識や技術が求められることは言うまでもありません。

弁理士、翻訳家
株式会社インターブックス顧問

奥田百子

M. Okuda

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事