第115回 TPPの交渉はいよいよ大詰めです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TPPの知的所有権分野の交渉はいよいよ大詰めです。年内交渉妥結を目指して、10月24日から5日間、東京都内で会合が開かれました。つまり日本は主催国の立場です。知財分野の焦点は、特許や著作権の存続期間の延長を求める米国とそれに反対するマレーシアなど新興国の対立です。
以前もお話ししたように、新薬の保護期間を早く満了させて、ジェネリック薬品の開発、販売を自由にさせたいと主張するのが新興国です。また著作権については、米国はディズニーの著作権などを有するため、保護期間の延長を著作者の死後70年まで求めていますが、マレーシア、ベトナム、日本などは著作者の死後50年を求めています。
交渉は終わりましたが、年内妥結は難しいこととなり、11月に再び会合が開かれることになりました。50年でも長いといえる著作権ですが、70年に延長されると、ますます著作物の利用は先延ばしになります。考えてみると、著作権が70年に延長されると、現在、著作者が存命中の著作物は、私たち成人が生きている間に自由に利用するのはほとんど無理ということになります。少し長すぎますね。

前回、電子書籍の効果音についてGoogleが特許出願したというニュースを伝えましたが、その電子出版に関して、「総合出版権」なるものを創設しようという意見があります。電子出版に関しては、これまで海賊版を差し止める出版社の権利である「電子出版権」の創設も検討されています。しかしこれは未だまとまっておらず、今度は、紙の本の出版権を電子出版にも及ぼそうという「総合出版権」の創設です。

Apple特許7844915号の明細書が今週でやっと終わります。これがほぼ最後の部分です。

In an embodiment, the library of the framework provides an API for specifying a scroll hysteresis operation to determine whether a user input invokes a scroll.

一つの実施形態では、フレームワークのライブラリは、ユーザ入力がスクロールを誘発するかどうかを決定するために、スクロールヒステリシス動作を特定するAPIを提供する。

注)ヒステリシスとは、変化を加えることにより対象の性質が変わり、元に戻しても100%元の状態には戻らないことをいいます。

In an embodiment, the library of the framework provides an API for specifying a deceleration scroll operation to set a deceleration factor for a user input based on the user input invoking a scroll.

一つの実施形態では、フレームワークのライブラリは、スクロールを誘発するユーザ入力に基づき、ユーザ入力のための減速化ファクタを設定するために、減速化スクロール動作を特定するAPIを提供する。

In an embodiment, the library of the framework provides an API for specifying a scroll indicator operation to determine whether at least one scroll indicator attaches to a content edge or a display edge of a display region.

一つの実施形態では、フレームワークのライブラリは、少なくとも一つのスクロールインディケータは、コンテンツ端又は表示領域の表示端に付着しているか否かを決定するために、スクロールインディケータ動作を特定するAPIを提供する。

注)フレームワークはよく聞く言葉ですが、何でしょうか? IT用語辞典 e-Wordsを引用します。「アプリケーションの土台として機能するソフトウエア」とあります(http://e-words.jp/w/E38395E383ACE383BCE383A0E383AFE383BCE382AF.html)。
スクロールする、スクロールを減速する、スクロールインディケータを動作させるなどのアプリケーションがフレームワークのライブラリにはある、ということです。

今週のポイント

  • TPPの知的所有権分野の交渉は年内交渉妥結を目指して、10月24日から5日間、東京都内で会合が開かれた。知財分野の焦点は、特許や著作権の存続期間の延長を求める米国とそれに反対するマレーシアなど新興国の対立である。
  • 新薬の保護期間を早く満了させて、ジェネリック薬品の開発、販売を自由にさせたいと主張するのが新興国であり、著作権については、米国はディズニーの著作権などを有するため、保護期間を著作者の死後70年まで求めているが、マレーシア、ベトナム、日本などは著作者の死後50年を求めている。
  • 電子出版に関して、「総合出版権」なるものを創設しようという意見がある。これまでに海賊版を差し止める出版社の権利である「電子出版権」の創設も検討されている。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事