第113回 インターブランドが2013年のブランド価値のランキングを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のブランドコンサルティング会社インターブランドが2013年のブランド価値のランキングを発表しました。1位はAppleで983億ドル(日本円で約9兆円)です。2位はGoogle、3位はCoca-Colaです。Coca-Colaは13年間、首位でしたが、その地位をAppleに明け渡しました。
このブログでもほぼ毎回Appleの話題であり、特許の世界でもApple、Googleは話題に事欠かない企業です。
そのAppleに関して先週、大きなニュースがありました。Apple日本法人は、日本の個人発明家に3億3千万円の損害賠償を払うことを東京地裁で命じられました。しかしまだ一審なので、今後、知財高裁、最高裁と推移を見守る必要があります。
対象となる特許権は、個人発明家の齋藤憲彦氏のiPodのクリックホイールです。くるくる回すことでチャネルを選択したり、音量を調節できるあの円形です。特許番号は3852854号であり、発明の名称は「接触操作型入力装置およびその電子部品」です。
巨大Appleが日本の個人発明家に3億円以上払うことになれば、日本もアメリカのように発明者が英雄視される国になるでしょう。青色発光ダイオードの中村修二氏の裁判が思い出されます。発明の対価が200億円と東京地裁で算定され、その後8億円で和解しています。
「リング状である軌跡上に連続してタッチ位置検出センサーが配置されたタッチ位置検知手段と、接点のオンまたはオフを行うプッシュスイッチ手段とを有し、前記タッチ位置検知手段におけるタッチ位置検出センサーが連続して配置される前記軌跡に沿って、前記プッシュスイッチ手段が配置され、かつ、前記タッチ位置検知手段におけるタッチ位置検出センサーが連続して配置される前記軌跡上における押下により、前記プッシュスイッチ手段の接点のオンまたはオフが行われることを特徴とする接触操作型入力装置。」

構成要件は2つです。(1)タッチ位置検知手段と、(2)プッシュスイッチ手段。
(1)リング状の軌跡にタッチ位置検出センサーを配置する。
(2)この軌跡に沿ってプッシュスイッチ手段を配置する。
センサー上を押下することでプッシュスイッチ手段の接点がオンオフされる。
タッチ位置検出手段がタッチ位置を検知する。

明細書を読んでいくと、もっと複雑なことが書かれています。
「1次元上または2次元上もしくは3次元上の所定の軌跡上を倣って移動、変移する接触点の位置、変移値、および押圧力を検知することの可能な接触操作型入力装置を提供する。」
つまり1次元から3次元までの指の移動や押下を検知できる装置です。直線、平面曲線、空間曲線状の所定の軌跡上に連続してタッチ位置検出センサーを配置したタッチ位置検知手段です。特許の内容は詳しく検討していませんが、直線、平面、空間曲線上でタッチする位置を検出するという発明のようです。

さらに今週、知財でもう一つ大きなニュースがありました。自炊を代行する会社が著作権侵害と東京地裁で認定されたことです。自炊とは紙の本を電子化することです。スキャナと裁断機があればできます。本の検索を容易にするために行い、個人的、家庭的に行うのであれば著作権侵害ではありません。著作権法30条では私的使用は著作権侵害ではないとされています。
しかしこれを代行する業者が現れました。これまでにスキャンボックス(有限会社愛宕)は作家団体から訴えられ、請求を認諾して自炊業務を廃止しました。「自炊の森」という店舗はスキャナだけを提供して自炊業務を行うのはあくまでも顧客である、と宣言しています。
今回の事件は自炊が著作権侵害であることが裁判所で初めて判断されました。自炊業者は自炊を行う顧客の補助としてサービスを行っていると主張しましたが、認められませんでした。あくまでの自炊の主体は代行業者であるとされました。
自炊は何が問題かというと、著作者にお金を払わずに利益を上げることだと思います。書籍を買った人はお金を払っている、しかし電子化したデータを友人にメールで送ると、受け取った友人は著作者にお金を払わずに利益を得るし、送った人はその手伝いをしてしまうことになります。
代行業者は自炊を手伝うことでまさに利益を得ています。業務として行っていたことが問題なのでしょう。

今週のポイント

  • 米国のブランドコンサルティング会社であるインターブランドが2013年のブランド価値のランキングを発表した。1位はApple、2位はGoogle、3位はCoca-Colaである。Coca-Colaは13年間、首位であったが、その地位をAppleに明け渡した。
  • 東京地裁は、日本の個人発明家に3億3千万円の損害賠償を払うことをApple日本法人に命じた。対象となる特許権は、個人発明家の齋藤憲彦氏のiPodのクリックホイールである(特許番号は3852854号であり、発明の名称は「接触操作型入力装置およびその電子部品」)。
  • 自炊を代行する会社が著作権侵害と東京地裁で初めて認定された。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事