第109回 MicrosoftがNokiaの携帯端末部門を買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週もまた大きな買収のニュースがありましたね。マイクロソフトがノキアの携帯端末部門を買収しました。買収額は54億EUR(約7100億円)です。このなかには特許の使用料も含まれています。
これが発表されたマイクロソフトのブログには”license Nokia’s patents”とあります。

Microsoftの2013年9月3日付けブログ(Microsoft News Center)
http://www.microsoft.com/en-us/news/press/2013/Sep13/09-02AnnouncementPR.aspx

ノキアはQualcommと訴訟になりましたが、和解し、ライセンス契約を締結しています。マイクロソフトはこれも譲り受けることとなりました。
このブログの内容を読んでいくと、ノキアはマイクロソフトに特許をライセンスすることが書かれています。マイクロソフトはノキアの特許を実施できます。これが買収額に含まれるライセンス料ということでしょう。誤っていたらどなたか教えて下さい。
買収の話が起こると、通常は特許取得が大きな目的の一つです。そして買収というと通信関係の特許が多いです。まさにプロパテントの時代が再燃しています。

Appleの7844915号のつづきです。

Abstract
FIG. 34 illustrates details of an application programming interface in flow chart form according to certain teachings of the present disclosure.

図34は、本開示の特定の教示によるフローチャートの形式でアプリケーションプログラミング・インターフェースの詳細を記述している。

The application programming interface operates in an environment with user interface software interacting with a software application.

アプリケーションプログラミング・インターフェースは、ソフトウエアアプリケーションと協働するユーザインターフェース・ソフトウエアのある環境で動作する。

In some embodiments, a hierarchy of views operates on top of a hierarchy of layers within the user interface software.

ある実施形態では、表示の階層は、ユーザインターフェース・ソフトウエア内部の層の階層のトップで動作する。

The API operates as illustrated in method 3400 that includes constructing a hierarchy of views operating on top of a hierarchy of layers at block 3402.

APIは、ブロック3402の層の階層のトップで動作する表示の階層を構成することを含む方法3400で記述されるように動作する。

The method 3400 further includes providing access to the hierarchy of views without providing access to the hierarchy of layers at block 3404.

方法3400は更に、ブロック3404で層の階層にアクセスを提供することなく、表示の階層にアクセスを提供することを含んでいる。

An application may interact with the hierarchy of views via the API without accessing the hierarchy of layers operating below the hierarchy of views.

アプリケーションは、表示の階層の下で動作する層の階層にアクセスすることなく、APIを介して表示の階層と協働してもよい。

今週のポイント

  • マイクロソフトがノキアの携帯端末部門を買収した。買収額は54億EUR(約7100億円)です。このなかには特許の使用料も含まれている。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事