第108回 Googleがヘッドマウントディスプレイに注力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleはヘッドマウントディスプレイの特許に力を入れています。台湾の鴻海精密工業からこの技術の特許を買ったというニュースが今週ありました。
またヘッドマウントディスプレイを使って広告に課金するシステムの特許を8月13日に取得しています。米国特許8,510166号です。

“A gaze tracking technique”ということばが最初に出てくるのですが、「凝視追跡技術」と訳しておきます。

Abstract
A gaze tracking technique is implemented with a head mounted gaze tracking device that communicates with a server.

凝視追跡技術は、サーバと通信する頭部に装着された凝視追跡デバイスにより実施される。

(解説)
頭にデバイスを付けることにより実施できる技術のようです。ヘッドマウントディスプレイです。

The plug may be electrically coupled to a stereo headset including a microphone.

プラグは電子的にマイクロフォンを備えるステレオヘッドセットに接続されている。

The server receives scene images from the head mounted gaze tracking device which captures external scenes viewed by a user wearing the head mounted device.

サーバはヘッドマウントデバイスを装着するユーザが視る外部の景色を捉える頭部に装着する凝視追跡デバイスから、光景の画像を受信する。

(解説)
ヘッドマウントディスプレイで外部の風景を捉えることです。

The server also receives gaze direction information from the head mounted gaze tracking device.

サーバは、頭部に装着した凝視追跡デバイスから、凝視方向情報も受信する。

(解説)
ここで新しいことが出てきました。視ている方向の情報も受け取ることです。

The gaze direction information indicates where in the external scenes the user was gazing when viewing the external scenes.

凝視方向情報は、外部の風景を視ているときユーザが凝視している外部風景のどこを視ているかを示す。

An image recognition algorithm is executed on the scene images to identify items within the external scenes viewed by the user.

画像認識アルゴリズムは、ユーザが視る外部風景の中での項目を特定するために、風景画像の上で実行される。

(解説)
この技術は広告に使うこともできるようです。

In one embodiment, server system 160 may compare an identified item against a list of advertisers or advertising campaigns to see if the advertisement is registered for pay per gaze billing.

一つの実施形態では、サーバシステム160は、広告者または広告キャンペーンのリストと特定された項目を比較し、広告がpay per gaze billingとして登録されているか否かを判断する。

Under a pay per gaze advertising scheme, advertisers are charged based upon whether a user actually viewed their advertisement (process block 565).

Pay per gaze広告システムでは、広告者はユーザが実際に広告を視たか否かに基づいて課金される(プロセスブロック565)。

Pay per gaze advertising need not be limited to on-line advertisements, but rather can be extended to conventional advertisement media including billboards, magazines, newspapers, and other forms of conventional print media.

Pay per gaze広告は、オンライン広告に限定する必要はないどころか、掲示板、雑誌、新聞、他の形態である従来の印刷媒体にも拡張される。

この特許のエッセンスとなる部分を抜き出してみました。

For example, if the advertiser desires to generate a shocking advertisement to get noticed or a thought provoking advertisement, then the inferred emotional state information and/or the gazing duration may be valuable metrics to determine the success of the campaign with real-world consumers.

例えば、広告者がショッキングな広告をつくって注目をひいたり、刺激的な広告を提供したい場合は、推論された感情状態の情報および/または凝視時間が、リアルな世界の消費者のためのキャンペーンの成功を判断するための重要な基準となる。

ここまで読んできてわかったのですが、この特許は、ユーザが広告を凝視(gaze)する時間や、それを視たときの感情の状態などの情報をサーバに送り、消費者に対するキャンペーンが成功をおさめたかを判断する技術です。
ヘッドマウントディスプレイを装着して広告を視ることでこのような情報を受信することが可能になります。
“pay per gaze”は「凝視しただけ払う」という意味でしょう。

この特許の図1を示します。

FIG. 1

今週のポイント

  • Googleはヘッドマウントディスプレイの特許に力を入れており、台湾の鴻海精密工業からこの技術の特許を買ったとのニュースが今週あった。
  • またヘッドマウントディスプレイを使って広告に課金するシステムの特許を8月13日に取得した。米国特許8,510166号である。
  • この特許は、ユーザが広告を凝視(gaze)する時間や、それを視たときの感情の状態などの情報をサーバに送り、消費者に対するキャンペーンが成功をおさめたかを判断する技術である。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事