第99回 Happy Birthdayの著作権をめぐる争い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Happy Birthday to youの歌の使用をめぐる著作権の争いです。誰でもが知っている誕生日に歌うこの曲は、米国のワーナー・チャペル・ミュージックが著作権を有している主張しています。米国の映画制作会社はこの曲を使うために、1500ドルをワーナー・チャペル・ミュージックに支払いましたが、著作権無効確認と使用料返還を求めてニューヨーク連邦地裁に提訴しました。
この曲の著作権は複雑で、1893年に「Good Morning to All(グッドモーニング・トゥー・オール)」という曲としてある姉妹により作曲され、この著作権が売却されたもので、現在は、ワーナー・チャペル・ミュージックが著作権を持っているとの主張です。
しかしこの歌の著作権はすでに切れているのではないか? という感覚を持つ人が多いでしょう。私もそう思っていました。訴えを提起した映画制作会社の主張も、1921年に著作権は切れており、この歌は公有財産であるというものです。

またまたAppleとサムスンの話題です。本当に毎週話題に事欠かない訴訟です。
Appleの通称、ラバーバンド特許、つまり画面をスクロールして端まで行くと跳ね返ってくるという技術の特許は、米国特許庁で有効と判断されました。
クレーム19のみ有効性が問題になっていたのですが、このたび有効と判断されました。

今週もApple特許7844915号の続きです。

特許 US7844915 – Application programming interfaces for scrolling operations – Google 特許検索

FIG. 28 illustrates a device 2800 according to one embodiment of the disclosure.

奥田訳

図28は、開示の一つの実施形態によるデバイス2800を記述している。

FIG. 28 shows a wireless device in a telephone configuration having a “candy-bar” style.

奥田訳

図28は、「キャンディバー」形式の電話構造における無線装置を示している。

In FIG. 28, the wireless device 2800 may include a housing 2832, a display device 2834, an input device 2836 which may be an alphanumeric keypad, a speaker 2838, a microphone 2840 and an antenna 2842.

奥田訳

図28では、無線装置2800は、筐体2832,ディスプレイ装置2834、英数字キーパッドでもよい入力装置2836、スピーカ2838、マイクロフォン2840,アンテナ2842を備えていてもよい。

The wireless device 2800 also may include a proximity sensor 2844 and an accelerometer 2846.

奥田訳

無線装置2800は更に、近接センサ2844および加速度計2846を備えていてもよい。

It will be appreciated that the embodiment of FIG. 28 may use more or fewer sensors and may have a different form factor from the form factor shown in FIG. 28.

奥田訳

図28の実施形態は、より多いか少ないセンサを使用してもよいし、図28で図示されたフォームファクタとは異なるフォームファクタを備えていてもよいことが理解される。

キャンディバースタイルとは、携帯電話でよく言われる、細長い棒状の形状を指していると思われます。こんな言い方をするのですね。
「フォームファクタ」とは聞き慣れないことばですが、要するに形状、寸法のことです。

今週のポイント

  • Happy Birthdayの曲は、米国のワーナー・チャペル・ミュージックが著作権を有している主張しており、米国の映画制作会社はこの曲を使用するために、1500ドルをワーナー・チャペル・ミュージックに支払った。しかし、この映画制作会社は、著作権無効確認と使用料返還を求めてニューヨーク連邦地裁に提訴した。この曲の著作権は1921年に著作権は切れており、公有財産であるとの主張である。
  • Appleの通称、ラバーバンド特許、つまり画面をスクロールして端まで行くと跳ね返ってくる技術の特許は、米国特許庁で有効と判断された。クレーム19のみ有効性が問題になっていたが、このたび有効と判断された。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事