第90回 AccessがAppleにライセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Accessという会社が、Appleにスマートフォンの機能に関する特許のライセンスを、本年3月末に許諾する契約を締結しました。
Accessの「Apple社への特許ライセンスに関するお知らせ」では、「スマートフォンの機能」に関する特許ライセンスをする他、Palm, PalmSource, Bell Communications Research, Geoworksの有していた特許もライセンス許諾の対象になると発表しています。
そして、このライセンスによりAccess社は10億円の売り上げを計上するとのことのです。この発表の中で「特許ポートフォリオ」ということばが出てきます。ポートフォリオとは金融資産群であり、金融資産としての特許を「特許ポートフォリオ」としています。
特許を財産として活用し、譲渡やライセンス許諾することは頻繁に行われています。今回のAccess社の件もその一つです。このブログでも特許の買収やライセンスを再三、伝えてきました。

今週もApple特許の7844915号のつづきです。

特許 US7844915 – Application programming interfaces for scrolling operations – Google 特許検索

In one embodiment, a window or view associated with the user input receives the change call in order to perform the gesture event. The user software that provides the view receives a gesture start event call, a gesture changed event call, a zoom to scale setting for the view, and a gesture end call. The gesture calls receive an input of a gesture event which may be base event having a type such as a hand event, keyboard event, system event, etc. A delegate associated with the application receives a start gesture call, gesture did change call, and gesture did finish call. The user software is dynamically linking into the application during the run time of the gesture process.

ある実施形態では、ウインドウまたはユーザ入力に関連付けられた表示(view)は、チェンジのコールを受信し、ジェスチャーイベントを実行する。表示を提示するユーザソフトウエアは、ジェスチャー開始イベント・コール、ジェスチャー変更イベント・コール、表示のための設定を拡大縮小設定するためのズーム、ジェスチャー終了コールを受信する。ジェスチャー・コールは、手によるイベント、キーボード・によるイベント、システムによるイベント等のタイプの基本的イベントであってもよい、ジェスチャーによるイベントの入力を受信する。アプリケーションと関連した代行は、開始ジェスチャー・コールを受取、ジェスチャーはコールを変更し、ジェスチャーはコールを終了させる。ユーザソフトウエアは、ジェスチャーのプロセスの稼働時間中にアプリケーションにリンクしている。

イベントということばが良く出てきますが、これはタブレットに対する何らかの動作、行為と考えて下さい。
表示とは、画面に出ている何らかの表示を指します。

今週のポイント

  • Accessの「Apple社への特許ライセンスに関するお知らせ」では、「スマートフォンの機能」に関する特許ライセンスをする他、Palm, PalmSource, Bell Communications Research, Geoworksの有していた特許もライセンス許諾の対象になると発表している。さらに、このライセンスによりAccess社は10億円の売り上げを計上することを発表した。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事