第88回 IntertrustがAppleを提訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleがIntertrust Technologies Corporationから特許侵害で訴えられました。カリフォルニア州北部連邦地裁に訴状が提出されました。この会社は以前にMicrosoftに特許侵害訴訟を提起しており、Microsoftは4億円以上のロイヤリティーをIntertrustに支払っています。
Intertrustは250もの特許を持っています。Intertrustは3月20付けブログでこの特許侵害訴訟を伝えています。AppleのiPhone, iPad, MACコンピュータ、ラップトップ、Appleテレビ、iTunesなどの製品がIntertrustのセキュリティ技術の15の特許を侵害しているという主張です。

そこで今日もアップル特許の7844915号のつづきです。

特許 US7844915 – Application programming interfaces for scrolling operations – Google 特許検索

FIG. 12 illustrates details of an application programming interface in flow chart form according to certain teachings of the present disclosure.

図12は、本開示の特定の教示によるフローチャート形式のアプリケーション・プログラミング・インターフェースの詳細を記述している。

The application programming interface operates in an environment with user interface software interacting with a software application in order to determine if an inadvertent user input contacts a view of a display of a device.

アプリケーション・プログラミング・インターフェースは、不注意によるユーザ入力が、デバイスのディスプレイの表示に触れているか否かを判断するために、ソフトウエアアプリケーションと情報をやりとりするユーザインターフェース・ソフトウエアを備えた環境で動作する。

The method 1200 includes transferring an inadvertent user input call to determine whether the user input was inadvertent at block 1202.

当該方法1200は、ブロック1202でユーザ入力が不注意によるものかを判断するために、不注意によるユーザ入力コールを転送することを含んでいる。

The method 1200 further includes ignoring the inadvertent user input based on the determination of the inadvertent user input call at block 1204.

当該方法1200は、ブロック1204における不注意によるユーザ入力の判断に基づき、不注意によるユーザ入力を無視することを含んでいる。

In one embodiment, the inadvertent user input call comprises a thumb detection call to determine whether the user input was an inadvertent thumb.

一つの実施形態では、不注意によるユーザ入力コールは、ユーザ入力が不注意による親指であるかを決定するために、親指検出コールを備えている

今週のポイント

  • AppleがIntertrustから特許侵害で訴えられ、カリフォルニア州北部連邦地裁に訴状が提出された。この会社は以前にMicrosoftに特許侵害訴訟を提起しており、Microsoftは4億円以上のロイヤリティーをIntertrustに支払っている。
  • Intertrustは3月20付けブログでこの特許侵害訴訟を伝えている。AppleのiPhone, iPad, MACコンピュータ、ラップトップ、Appleテレビ、iTunesなどの製品がIntertrustのセキュリティ技術の15の特許を侵害しているという主張である。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事