第85回 Appleとサムスンの本訴凍結?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はアップルとサムスンの訴訟も大きな動きはありませんでした。それどころか、この訴訟の本訴(陪審ではない)は暫くの間、凍結されるそうです。米国カリフォルニア連邦地裁のルーシー・コー判事は、この凍結に対する合意を両当事者に図ったとのことです。

そこで今日もアップル特許の7844915号のつづきです。今日こそ図8を掲載します。

FIG. 8 illustrates first and second scroll angles for locking a scroll of a display of a device in a horizontal or vertical direction.

図8は、水平または垂直方向にデバイスのディスプレイのスクロールをロックする第1および第2のスクロール角度を記述している

The horizontal direction 802 and vertical direction 804 are in reference to a window or a display of a device.

水平方向802および垂直方向804は、デバイスのウインドウまたはディスプレイに関連している。

As discussed in the method 700, a user input such as a drag movement forming an angle with the horizontal direction 802 less than or equal to the first scrolling angle 806 or 808 will lock the user input in the horizontal direction.

方法700で考察したように、第1のスクロール角度806または808より少ないか、あるいはこれと等しい水平方向802と共に、ある角度を形成するドラッグという動きなど、ユーザ入力は、水平方向のユーザ入力をロックする。

The method 700 further includes transferring a directional scroll angle call to set a scroll angle for locking the scrolling in at least one of a vertical or a horizontal direction at block 704.

当該方法700は更に、ブロック704で垂直または水平方向の少なくとも一つにスクロールをロックするために、スクロール角度を設定するために、方向性のあるスクロール角度コールを転送することを含む。

In a similar manner, a user input forming an angle with the vertical direction 810 less than or equal to the second scrolling angle 810 or 812 will lock the user input in the vertical direction.

類似の態様で第2のスクロール角度810または812より少ないか、あるいはこれと等しい垂直方向810と共に、ある角度を形成するドラッグという動きなど、ユーザ入力は、垂直方向のユーザ入力をロックする。

The first and second scrolling angles may be set at the same angle or at different angles as well. For example, the first and second scrolling angles may be set at 25 degrees.

第1および第2のスクロール角度は、同一の角度または異なる角度で設定されてもよい。例えば、第1及び第2のスクロール角度は、25度に設定されてもよい。

A user input less than or equal to 25 degrees with respect to the horizontal or vertical direction will lock the scrolling in the appropriate direction.

水平または垂直方向に対する25度より少ないか、あるいはこれと等しいユーザ入力は、適切な方向にスクロールをロックする。

今週のポイント

  • アップルとサムスン訴訟の(陪審ではない)本訴はしばらくの間、凍結されることにつき、米国カリフォルニア連邦地裁のルーシー・コー判事は、合意を両当事者に図った。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事