第74回 Appleとサムスン訴訟は1ヶ月以内に判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルとサムスン訴訟は米国では1ヶ月以内に判決が出るといわれています。8月にカリフォルニア州北部連邦地裁で陪審により10億5,000万円の損害賠償をサムスンに命じる評決がでており、これに対してアップルは増額を請求し、サムスンも異議を申し立てていました。
Immersionはモトローラに対して、触感による振動を使ってタッチパネルを操作する特許の侵害でモトローラを訴えていましたが、Googleの仲介で和解しました。Googleは昨年夏、モトローラを買収したことにより、モトローラにこの和解に対してもアドバイスを与えていたのでしょう。Immersionsは触感による操作の特許でマイクロソフト、ソニー・コンピュータエンタテイメントらを訴えています。ゲーム機でジョイスティックの振動を伝える技術がImmersionの特許を侵害していると主張しています。Immersionは2008年にマイクロソフトと和解しています。

アップルとサムスン訴訟の対象となる特許の一つにpinch and zoom特許があります。サムスンはコードを変更したことにより、特許侵害にはもはや該当しないと主張しています。
なお、Appleのpinch and zoom特許(米国特許7844915号)の一部は以下の通りです。

At least certain embodiments of the present disclosure include an environment with user interface software interacting with a software application. A method for operating through an application programming interface(API)in this environment includes transferring a set bounce call. The method further includes setting at least one of maximum and minimum bounce values. The set bounce call causes a bounce of a scrolled region in an opposite direction of a scroll based on a region past an edge of the scrolled region being visible in a display region at the end of the scroll.

「本開示の少なくとも特定の実施形態は、ソフトウエアアプリケーションと相互通信するユーザインターフェースソフトウエアによる環境を含んでいる。この環境でのアプリケーション・プログラミングインターフェースAPIを介して動作する方法は、設定されたバウンスコールを移動させることを含んでいる。設定されたバウンスコールにより、スクロールの終端で、ディスプレイ領域で見えるスクロール領域のエッジを通り過ぎた領域に基づいて、スクロールと反対方向にスクロールされた領域の跳ね返りを生じさせる。」

ズームイン・ズームアウトの部分を明細書から抜き出してみました。

“At least certain embodiments of the present disclosure include gesture operations for a display of a device”.

少なくとも、本開示の特定の実施形態は、デバイスのディスプレイに対するジェスチャーによる操作を含んでいる。

“The gesture operations include performing a scaling transform such as a zoom in or zoom out in response to a user input having two or more input points”.

ジェスチャーによる動作には、2以上の入力点を有するユーザ入力に応答して、ズームイン・ズームアウト等拡大縮小の変換を行うことを含んでいる。

“The gesture operations also include performing a rotation transform to rotate an image or view in response to a user input having two or more input points”.

ジェスチャーによる動作は、2以上の入力点を有するユーザ入力に応答して、イメージまたは表示を回転させる回転変換を行うことも含んでいる。

A user input(e.g., two fingers 1608 and 1610 moving together)associated with the view 1614 is interpreted as a gesture event to zoom in from view 1614 to view 1664 having a second scale factor as illustrated in FIG. 16B.

この文章からわかるように、2本指のジェスチャーはズームインとして解釈されます。

For example, a single touch that drags a distance across a display of the device may be interpreted as a scroll operation.

この文章からわかるように、1本のタッチはスクロールと解釈されます。
つまり、1本指のタッチはスクロール、2本指はズームという技術です。

今週のポイント

  • アップルとサムスン訴訟は米国では1ヶ月以内に判決が出るだろう。8月にカリフォルニア州北部連邦地裁で陪審により10億5,000万円の損害賠償をサムスンに命じる評決がでており、これに対してアップルは増額を請求し、サムスンも異議を申し立てていた。
  • Immersionはモトローラに対して、触感による振動を使ってタッチパネルを操作する特許の侵害でモトローラを訴えていたが、Googleが仲裁に入って和解した。
  • Immersionsは触感による操作の特許でマイクロソフト、ソニー・コンピュータエンタテイメントらを訴えていたが、2008年にマイクロソフトと和解している。
  • サムスンとの訴訟対象の一つとなるAppleのpinch and zoom特許(7844915号)は、1本指のタッチはスクロール、2本指はズームという技術である。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事