第72回 Appleとサムスンの訴訟対象拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週もまたまたAppleとサムスンのニュースです。訴訟の対象がさらに拡大されました。アップルのiPhone5がサムスンの特許を侵害し、サムスンのギャラクシーS3、Galaxy NoteがAppleの特許を侵害しており、これらを訴訟の対象に含めることが米国カリフォルニア州北部連邦地裁で認められました。またOSであるJelly Beanも加えられています。これらは新製品であるため、対象に加えられたものです。このようにスマートフォンの分野では次々と新しい機種が販売されるため、それが順次侵害主張の対象に追加されていることがあります。

ところで、前回ご紹介したAppleとHTC訴訟の根拠となるHTCの特許の一つです。
US6,999,800号は、スマートフォンの電力管理方法です。

A method for power management of a smart phone. The method comprises steps of resetting the smart phone, searching for network service, operating the mobile phone system in standby mode and a PDA system in normal mode when connected to a network, switching the mobile phone system to connection mode when establishing communication with a remote terminal, switching the mobile phone system to sleep mode when the mobile phone system has been idle for a first time period, switching the PDA system to sleep mode when the PDA system has been idle for a second time period, and implementing power detection to switch the mobile phone and PDA system to off mode when the detected power is lower than a first and second threshold respectively.

スマートフォンの電力管理方法。当該方法は、
スマートフォンをリセットするステップ、
ネットワークサービスを検索するステップ
待ち受け状態および携帯電話システム、およびネットワークに接続されている際に通常モードのPDAシステムを動作するステップ、
遠隔端末と通信を確立する際に、携帯電話システムを接続モードに切り替えるステップ、
携帯電話システムが最初の期間、使用されてない状態であった場合は、携帯電話システムをスリープモードに切り替えるステップ、
PDAシステムが第2の期間使用されていない場合は、PDAシステムをスリープモードに切り替えるステップ、
検出された電力が第1および第2のしきい値より各々低い場合は、携帯電話およびPDAシステムをオフモードに切り替えるために、電力検出を実行するステップを含む、方法。

ところでAppleとHTCが訴訟に終止符を打ち、10年間のライセンスを締結したというニュースを前回お伝えしましたが、サムスンがこのライセンス内容の開示を請求したそうです。ライセンス対象となっている特許は何かを知りたかったようです。それによって自分達に抵触する特許があるかどうかを確認したかったのです。

今週のポイント

  • アップルのiPhone5がサムスンの特許を侵害し、サムスンのギャラクシーS3、Galaxy NoteがAppleの特許を侵害しており、これらを訴訟の対象に含めることが米国カリフォルニア州北部連邦地裁で認められた。またOSであるJelly Beanも加えられている。
  • AppleとHTC訴訟の根拠となるHTCの特許の一つにUS6,999,800号(スマートフォンの電力管理方法)がある。
  • AppleとHTCが訴訟に終止符を打ち、10年間のライセンスを締結したが、サムスンがこのライセンス内容の開示を請求した。対象となる特許を知りたかったからである。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事