第69回 米国ITCがサムスン侵害の仮決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年に提起されたAppleのサムスンに対する特許権侵害の訴訟は様々な局面を迎えました。
Appleのスマートフォンの特許をサムスンが侵害しているというこの訴訟は世界10カ国の国と地域で繰り広げられ、日本、米国も含め各国での訴訟の状況がニュースとして毎日のように入ってくるため、この訴訟を通して再び特許の世界に関心が持たれるようになりました。
ここ数ヶ月は毎回のブログでこの訴訟の動きを伝えてきましたが、毎週様々なニュースが入ってきて、話題がつきませんでした。

そして今週もまたニュースがありました。米国ITC(国際貿易委員会)は、サムスンがAppleの4つの特許を侵害しているとの予備判定を下しました。
ギャラクシーS、ギャラクシーS2、ギャラクシーネクサスなどがAppleの4件の特許を侵害しているという判断です。
最終的な判断は来年2月になされます。
サムスンは再審査を請求する意向を示しており、この決定は12月24日までになされるということです。
この訴訟の対象となるひとつの特許としてスティーブ・ジョブズ氏発明の特許7,479,949号があります。
「ヒューリスティクスを適用することによりコマンドを判断するタッチスクリーンデバイス、方法、およびグラフィカル・ユーザー・インターフェース」という発明です。
300ページ以上ある明細書ですべて読むのは大変ですが、興味ある方は是非、アクセスしてみてください。
(Google Patent(https://www.google.com/?tbm=pts)のサーチ画面で、US 7,479,949と入力すればよいです。
ここではヒューリスティクス(経験則)を適用して、タッチパネルに対する動作を判断するという技術が開示されています。
実施形態ではそのヒューリスティクスが列挙されています。
実施例のほんの一部をご紹介します。

US 7,479,949

The one or more heuristics comprise:a heuristic for determining that the one or more finger contacts(e.g., 3937, FIG. 39C)correspond to a one-dimensional vertical screen scrolling command(6406); a heuristic for determining that the one or more finger contacts(e.g., 1626, FIG. 16A; 3532, FIG. 35B; or 3939, FIG. 39C)correspond to a two-dimensional screen translation command(6408); and a heuristic for determining that the one or more finger contacts(e.g., 1616 or 1620, FIG. 16A; 2416, FIG. 24A)correspond to a command to transition from displaying a respective item in a set of items to displaying a next item in the set of items(6410).

「複数のヒューリスティクスは、1つ以上の指によるコンタクト(たとえば3937、図39C)が一次元の垂直スクリーンスクロールの命令(6406)に対応すると判断するヒューリスティクス;
1つ以上の指によるコンタクト(たとえば1626、図16A;3532、図35B;あるいは3539、図39C)が二次元スクリーン変換命令(6408)に対応すると判断するヒューリスティクス;
1つ以上の指によるコンタクト(例えば1616または1620、図16A;2416、図24A)は、1組の品目のうち次の品目を表示するための命令(6410)に対応すると判断するヒューリスティクスがある。」

別の実施形態では、水平に対する角度が27度以内で指が画面にタッチするとき、水平に画面をスクロールする動作と判断すると記載されています。

英国ではサムスンが特許侵害していないとの事実をウエブサイト等に広告するように命じられ、そのような広告をウエブサイトに行いました。
今年の9月にサムスンの3機種が特許侵害ではないと判断されたからです。

今週のポイント

  • 米国ITC(国際貿易委員会)は、サムスンがAppleの4つの特許を侵害しているとの予備判定を下した。
  • ギャラクシーS、ギャラクシーS2、ギャラクシーネクサスなどがAppleの4件の特許を侵害しているという判断であり、最終的な判断は来年2月になされる。
  • サムスンは再審査を請求する意向を示しており、この決定は12月24日までになされる。
  • この訴訟の対象となるひとつの特許としてスティーブ・ジョブズ氏発明の特許7,479,949号(「ヒューリスティクスを適用することによりコマンドを判断するタッチスクリーンデバイス、方法、およびグラフィカル・ユーザー・インターフェース」)がある。
  • 英国では裁判所の命令を受けて、サムスンがAppleの特許を侵害していないとの事実がウエブサイトに広告された。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事