第67回 Appleがカメラの特許出願

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleとサムスンのスマートフォン訴訟に関して、米国連邦巡回区控訴裁判所は、Galaxy Nexusの販売差し止め命令がされていたのが破棄されました。

Galaxy NexusがAppleの特許を侵害しているとして仮処分の申請が出され、今年6月に連邦地裁より仮処分決定が出ており、サムスンはこれに承服できず、控訴していました。
仮処分は破棄され、事件はカリフォルニア州地裁に差し戻されました。したがってこの機種は米国で当面は販売されることとなりました。

これは日本と米国間の話題ですが、Google Book検索サービス、つまりGoogleが書籍を電子化してデータベースを作成するというサービスのために、Googleと日本ペンクラブ(作家、詩人、俳人等の団体)が協議することとなりました。
米国では、作家団体との和解案がニューヨーク地方裁判所は却下しました。

これは日本での話です。
サムスンに対するAppleによる1億円の損害賠償を求めるスマートフォンの特許侵害訴訟は、東京地裁では8月31日にサムスンの特許侵害はないという判断が下りました。
これに対し、Appleは不服として知財高裁に控訴を提起しました。
日本におけるこの訴訟では、米国とは異なり、同期化という技術が焦点となっています。

ところで、スティーブ・ジョブズ氏の一周忌のニュースが流れていますが、彼が350以上の特許を取得していたという驚くべき事実があります。

今日はAppleのタッチパネル関係の特許を一つご紹介します。
米国特許7877707号です(ジョブズ氏の名前はこの特許の発明者に列挙されていません)。

Abstract

“Real-world” gestures such as hand or finger movements/orientations that are generally recognized to mean certain things(e.g., an “OK” hand signal generally indicates an affirmative response)can be interpreted by a touch or hover sensitive device to more efficiently and accurately effect intended operations. These gestures can include, but are not limited to, “OK gestures,” “grasp everything gestures,” “stamp of approval gestures,” “circle select gestures,” “X to delete gestures,” “knock to inquire gestures,” “hitchhiker directional gestures,” and “shape gestures.” In addition, gestures can be used to provide identification and allow or deny access to applications, files, and the like.

奥田百子の訳

特定の事項(例えば、OKという手信号は一般に、肯定の答えを示す)を意味すると一般に理解される手や指の動き/操作等「リアルな世界」のジェスチャーは、タッチまたはホバリング・センス装置により解釈することができ、より効果的かつ正確に意図した操作を生じさせる。これらのジェスチャーは、OKジェスチャー、すべてをつかむジェスチャー、承認のスタンプジェスチャー、円を選択するジェスチャー、ジェスチャーを削除する×、ジェスチャーを照会するノック、ヒッチハイカー方向指示ジェスチャー、決定ジェスチャーに限定されないがこれらを含んでいる。更にジェスチャーは、認証を行い、アプリケーション、ファイル等に対するアクセスを許可し、あるいは拒否するのに利用できる。」

これがAbstractの記載であり、クレームでは、「センサパネル上、あるいはセンサパネル周辺で形成されたグループ化されたジェスチャーを受け取る方法」という形で特許請求されています。
これもまた、タッチパネル上での人間の動作をデバイスが検知するという特許です。
ジェスチャーをデバイスが受け取る方法という形で特許が取られています。
2011年1月発行の特許ですから、スティーブ・ジョブズ氏の亡くなる前に成立しています。

スティーブ・ジョブズ氏の開発者魂が伺われるAppleの数多くの特許をこれからも紹介していきます。

今週のポイント

  • Appleとサムスンのスマートフォン訴訟に関して、米国連邦巡回区控訴裁判所は、Galaxy Nexusの販売差し止め命令が破棄され、事件はカリフォルニア州地裁に差し戻された。したがってこの機種は米国で当面は販売されることとなった。
  • サムスンに対するAppleによる1億円の損害賠償を求めるスマートフォンの特許侵害訴訟は、東京地裁ではサムスンの特許侵害はないという判断が下ったが、Appleは不服として知財高裁に控訴を提起した。日本におけるこの訴訟では、米国とは異なり、同期化という技術が焦点となっている。
  • Google Book検索サービスのために、Googleと日本ペンクラブ(作家、詩人、俳人等の団体)が協議することとなった。米国では作家団体との和解案をニューヨーク地方裁判所は却下した。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事