第55回 Appleの最近の特許事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サムスンのGalaxy TabがAppleのiPadのデザインを模倣するとして提訴されている事件は有名ですが、英国ではGalaxy TabのデザインがiPadのようにクールではないという理由で侵害ではない、と英国高等法院により判断されました。

欧州には共同体意匠という制度があり、欧州全域に及ぶ意匠権を取得することができます。
AppleはiPadについてこの欧州共同体意匠権を取得しており、これをもとに英国でGalaxy Tabの意匠権侵害を主張しました。

しかも裁判所は、サムスンがAppleの意匠権を侵害していないとの判断をウエブサイト等で公示するように命じました。

米国では、Galaxy Nexusの販売差し止めの仮処分命令が下されましたが、米国連邦控訴裁判所でこれが取り消されています。
Galaxy Tab 10.1については地裁の販売差し止めの仮処分は維持されています。

Appleとしてはこの「クールではない」という理由による却下の判決は意外に思えるでしょう。
もちろん、特許と意匠との違いはありますが、意匠(デザイン)は外観の特徴が保護対象になり、このような印象で類否が決定されることがあるということです。

ところでAppleは透明のスクロールバーについて特許を7月17日付けで取得しました(米国特許8,223,134号)。

In a computer-implemented method, a portion of an electronic document is displayed on the touch screen display. The displayed portion of the electronic document has a vertical position in the electronic document. An object is detected on or near the displayed portion of the electronic document. In response to detecting the object on or near the displayed portion of the electronic document, a vertical bar is displayed on top of the displayed portion of the electronic document. The vertical bar has a vertical position on top of the displayed portion of the electronic document that corresponds to the vertical position in the electronic document of the displayed portion of the electronic document. After a predetermined condition is met, display of the vertical bar is ceased. The vertical bar is displayed for a predetermined time period when the portion of the electronic document is initially displayed.

奥田百子の訳

「コンピュータによる実装方法では、電子文書の一部は、タッチスクリーンディスプレイに表示される。表示された電子文書の一部は、電子文書のうち垂直位置を持っている。オブジェクトは、電子文書の表示された部分の上、あるいはその付近で検索される。電子文書の表示された部分の上、あるいはその付近での対象物の検索に応答して、垂直バーは、電子文書の表示された部分の最上部に表示される。垂直バーは、電子文書の表示された部分の電子文書における垂直位置に対応する電子文書の表示された部分の最上部の垂直位置を有している。所定の条件が充たされると、垂直バーの表示が中止される。垂直バーは、電子文書の一部が最初に表示された場合、一定時間は表示される。」

これは、一定時間経過すると消えるスクロールバーの特許です。

Appleはヘッドマウントディスプレイ関連の特許も7月3日付けで取得しており(米国特許8,212,859号)、Googleの眼鏡の特許に対抗できるものとして、ますます特許戦略を拡充しています。
発明の名称は、”peripheral treatment for head-mounted displays”(ヘッドマウントディスプレイのための周辺処理)であり、質の高い視聴体験ができるための画像投影方法や装置の発明です。

なお、USPTO(米国特許商標庁)では、ワシントン以外の初のオフィスとして、シアトルオフィスがいよいよオープンしました。

今週のポイント

  • サムスンのGalaxy TabがAppleのiPadのデザインを模倣するとして提訴されているが、英国ではGalaxy TabのデザインがiPadのようにクールではないという理由で意匠権の侵害ではないとされた。
  • 米国では、Galaxy Nexusの販売差し止めの仮処分が下されたが、米国連邦控訴裁判所でこれが取り消されている。これに対しGalaxy Tab 10.1の販売差し止めの判断は維持されている。
  • Appleは、一定時間が経過すると消える透明スクロールバーの特許を7月17日付けで取得した(米国特許8,223,134号)。さらにAppleはヘッドマウントディスプレイ関連の特許も7月3日付けで取得しており(米国特許8,212,859号)、発明の名称は、”peripheral treatment for head-mounted displays”(ヘッドマウントディスプレイのための周辺処理)であり、質の高い視聴体験ができるための画像投影方法や装置の発明である。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事