第51回 Appleによるパテントトロール主張、Appleのデザイン特許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パテントトロールとは、特許侵害をしているとみられる企業を見つけ出しては、高額のロイヤルティーを請求する輩のことをいいます。
今回の米国特許法改正は、パテントトロール対策という意味もありました。

Googleがノキアとマイクロソフトに対し、Android OSに関してパテントトロールを利用しているとの主張をしています。
つまり、この2社が1,000件を超える特許をカナダのMosaidという会社に譲渡し、侵害の可能性ある企業に対してロイヤリティーを要求しているとのGoogleの主張です。
これは訴訟を提起したというのではなく、EU当局にクレームを申し立てたという形式をとっています。
この2社が特許を譲渡した会社を利用して、パテントトロール的なことを行い、Android OSの採用を敬遠させようという意図があるというのです。

Appleのデザイン特許

AppleがMacBook Airのデザインの意匠特許を取得しました。
D661296号であり、Dはデザイン特許の意味です。
CLAIM The ornamental design for an electronic device, as shown and described.
「図示のような電子機器の装飾的デザイン」
クレームはこのように一行だけの簡単なものです。これは、携帯情報端末ではなく、MacBook Airのデザインであるといわれています。
図面は公報をご覧下さい。

http://assets.sbnation.com/assets/1167519/USD661296S1.pdf

このように平たい電子機器のデザインを特許しています。
Appleはご存じのように、サムスンのGalaxy Tabについて特許訴訟を起こしていますが、最新機器Galaxy SIIIについて販売差し止めの仮処分申請を行うというニュースも入ってきました。
Galaxyネクサスという機種に対しては、既に特許侵害の主張がされています。
この機種とGalaxy SIIIはどこが異なるのか知りたい、というのが判事の主張です。
この販売差し止めの申請は結局、6月11日に却下されました。
このような時期にAppleがデザイン特許取得したというのは非常に意味のあることです。
Appleがサムスンに対して、iPad , iPhoneの特許を侵害するとして主張する他に、トレードドレスという製品の形態も模倣されていると主張しています。
デザインや製品の形態も重要な知的財産です。
まず製品は見た目です。
これが類似していると消費者は見間違う可能性が高いからです。
Appleはデザイン特許にも今後益々力を入れていくでしょう。

今週のポイント

  • パテントトロールとは、特許侵害をしているとみられる企業を見つけ出しては、高額のロイヤルティーを請求する輩のことをいう。
  • Googleがノキアとマイクロソフトに対し、Android OSに関してパテントトロールを利用しているとの主張をしている。つまり、この2社は特許をカナダのMosaidという会社に譲渡し、侵害の可能性ある企業に対してロイヤリティーを要求しているとGoogleは主張している。
  • AppleがMacBook Airのデザインの意匠特許を取得した(D661296号)。クレームは、「図示のような電子機器の装飾的デザイン」である。
  • Appleは最新機器Galaxy SIIIについて販売差し止めの仮処分申請を行った。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事