第14回 出願の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国に特許出願するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?USPTO(米国特許商標庁)に支払う料金には、application basic fee(出願基本料金), search fee(調査料金), examination fee(審査料金)の3つがあります。このほかに現地代理人に支払う手数料(attorney’s fee)そして翻訳料があります。
US PTO WebサイトのView Fee Scheduleに費用が掲載されています。

まず、出願料金は、application basic fee(出願基本料金), search fee(調査料金), examination fee(審査料金)より成り立っています。

§ 1.16 National application filing, search, and examination fees.
Utility Model Patent(実用特許)の出願基本料金

(1)By a small entity(§ 1.27(a))if the application is submitted in compliance with the Office electronic filing system(§ 1.27(b)(2))
$82.00
(2)By a small entity(§ 1.27(a))
$165.00
(3)By other than a small entity
$330.00

まず3つのパターンの基本料金が規定されています。

(1)”small entity”(小規模事業体)が電子出願した場合、82US$
(2)small entityによる出願 165US$
(3)small entity以外の者による出願330US$
これは、2004年12月8日以降の出願です(これ以前の費用は説明は省略します)。

植物特許の出願料金

(c)Basic fee for filing each application for an original plant patent:
(1)For an application filed on or after December 8, 2004:
By a small entity(§ 1.27(a))
$110.00
By other than a small entity
$220.00

(c)植物特許出願1件についての出願基本料金
(1)
小規模事業体110US$
小規模事業体以外による出願220US$
(これ以前の費用は説明は省略します)。

仮出願の出願基本料金

(d)Basic fee for filing each provisional application:
By a small entity(§ 1.27(a))
$110.00
By other than a small entity
$220.00

(d)仮出願1件についての出願基本料金
小規模事業体 110US$
小規模事業体以外による出願 220US$

再発行出願の出願基本料金

(e)Basic fee for filing each application for the reissue of a patent:
(1)For an application filed on or after December 8, 2004:
By a small entity(§ 1.27(a))
$165.00
By other than a small entity
$330.00

(e)再発行特許出願1件についての出願基本料金
(1)2004年12月8日以降にされた出願について
小規模事業体 165US$
小規模事業体以外による出願 330US$

(f)Surcharge for filing any of the basic filing fee, the search fee, the examination fee, or the oath or declaration on a date later than the filing date of the application, except provisional applications:
By a small entity(§ 1.27(a))
$65.00
By other than a small entity
$130.00

(f)出願日より遅い日付で出願料金、調査料金、審査料金、宣誓書又は宣言書を提出する場合の追加料金(仮出願を除く)
小規模事業体 65US$
小規模事業体以外による出願 130 US$

解説

いわゆるlate filingの料金です。出願より遅く出願基本料金等、宣誓書、宣言書を出す場合は追加料金がかかります。

(g)Surcharge for filing the basic filing fee or cover sheet(§ 1.51(c)(1))on a date later than the filing date of the provisional application::
By a small entity(§ 1.27(a))
$25.00
By other than a small entity
$50.00

(g)仮出願日より遅い日付で出願基本料金またはカバーシート(§1.51(c)(1))を提出する場合の追加料金
小規模事業体 25US$
小規模事業体以外による出願 50US$

(k)Search fee for each application filed under 35 U.S.C. 111 on or after December 8, 2004, for an original patent, except design, plant, or provisional applications:
By a small entity(§ 1.27(a))
$270.00
By other than a small entity
$540.00

(k)2004年12月8日以降の米国特許法111条により提出された各出願の調査料金(意匠出願、植物特許出願、仮出願を除く)
小規模事業体 270US$
小規模事業体以外 540US$

(l)Search fee for each application filed on or after December 8, 2004, for an original design patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$50.00
By other than a small entity
$100.00

(l)原意匠特許についての2004年12月8日以降の各出願の調査料金
小規模事業体 50US$
小規模事業体以外 100US$

(m)Search fee for each application filed on or after December 8, 2004, for an original plant patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$165.00
By other than a small entity
$330.00

(m)原植物特許についての2004年12月8日以降に各出願の調査料金
小規模事業体 165US$
小規模事業体以外 330US$

(n)Search fee for each application filed on or after December 8, 2004, for the reissue of a patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$270.00
By other than a small entity
$540.00

(n)再発行特許についての2004年12月8日以降に各出願の調査料金
小規模事業体 270US$
小規模事業体以外 540US$

(o)Examination fee for each application filed under 35 U.S.C. 111 on or after December 8, 2004, for an original patent, except design, plant, or provisional applications:
By a small entity(§ 1.27(a))
$110.00
By other than a small entity
$220.00

(o)2004年12月8日以降の米国特許法111条により提出された各出願の審査料金(意匠出願、植物特許出願、仮出願を除く)
小規模事業体 110US$
小規模事業体以外 220US$

(p)Examination fee for each application filed on or after December 8, 2004, for an original design patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$70.00
By other than a small entity
$140.00

(p)原意匠特許についての2004年12月8日以降に提出され各出願の審査料金
小規模事業体 70US$
小規模事業体以外 140US$

(q)Examination fee for each application filed on or after December 8, 2004, for an original plant patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$85.00
By other than a small entity
$170.00

(q)原植物特許についての2004年12月8日以降に提出され各出願の調査料金
小規模事業体 85US$
小規模事業体以外 170US$

(r)Examination fee for each application filed on or after December 8, 2004, for the reissue of a patent:
By a small entity(§ 1.27(a))
$325.00
By other than a small entity
$650.00

(r)再発行特許についての2004年12月8日以降に提出された各出願の審査料金
小規模事業体 325US$
小規模事業体以外 650US$

Application size fee(出願サイズ料金)

出願上記の出願基本料金の他に、「出願サイズ料金」といわれるものがあります。これは明細書が一定の枚数を超えた場合にかかる追加料金です。

(s)Application size fee for any application under 35 U.S.C. 111 filed on or after December 8, 2004, the specification and drawings of which exceed 100 sheets of paper, for each additional 50 sheets or fraction thereof:
By a small entity(§ 1.27(a))
$135.00
By other than a small entity
$270.00

(s)2004年12月8日以降に提出された米国特許法111条による出願の出願サイズ料金
明細書及び図面が100枚を超えた場合、追加の50枚ごとにかかる料金
小規模事業体135US$
小規模事業体以外270US$

Attorney’s fee(代理人手数料)

米国特許出願する際の米国代理人から送られてくる請求書には以下の項目があります。

  • Attorney’s fee
  • Copy and postage fees
  • Application basic fee

Attorney’s feeは代理人手数料であり、これは現地代理人(弁護士)に支払う報酬であり、米国特許庁に支払う出願料金ではありません。約20万円を請求されます。
Copy and postage fees(コピー代及び郵便料金)は実費であり、数万円のことが多いです。
このほか、米国出願で大きなウエイトを占めるのは翻訳料です。分量にもよりますが、40〜50万かかります。
結局、米国出願をする際には約100万円の費用がかかります。

“small entity”(小規模事業体)という概念

米国では一定規模以下のsmall entityは、出願料金がそれ以外の者の半額となっています。

37CFR 1.27(Small Entities Status – Definition)
(小規模事業体―定義)

(a)Definition of small entities. A small entity as used in this chapter means any party(person, small business concern, or nonprofit organization)under paragraphs(a)(1)through(a)(3)of this section.

(a)小規模事業体の定義
小規模事業体は、あらゆる当事者(者、小規模事業者、非営利団体)をいう。

(2)Small business concern. A small business concern, as used in paragraph(c)of this section, means any business concern that:
(i)Has not assigned, granted, conveyed, or licensed, and is under no obligation under contract or law to assign, grant, convey, or license, any rights in the invention to any person, concern, or organization which would not qualify for small entity status as a person, small business concern, or nonprofit organization; and

(2)小規模事業者。本条(c)で使用される小規模事業者は、以下の事業者を意味する。
(i)発明におけるいかなる権利も譲渡、許諾、移転、ライセンスしておらず、者、小規模事業者、非営利団体としての小規模事業者の資格を持たない者、事業者、機関に対し、契約又は法律によりいかなる権利の譲渡、許諾、移転、ライセンスする義務も負っていない者、

(ii)Meets the size standards set forth in 13 CFR 121.801 through 121.805 to be eligible for reduced patent fees. Questions related to standards for a small business concern may be directed to:Small Business Administration, Size Standards Staff, 409 Third Street, SW., Washington, DC 20416.(削除)

小規模事業者の規模については、13CFR121.801〜805に規定されています。
13CFR121.802には、以下のように規定されています。←この文章は訳ではなく解説ということでよろしいでしょうか?(Questions relatdの文章を削除して下さい)

A concern eligible for reduced patent fees is one:
“(a)Whose number of employees, including affiliates, does not exceed 500 persons”

「従業員の数が関連企業も含め、500人を超えないこと」

これが小規模事業者の規模となっています。

なお、米国特許改正法案が上院、下院とも各々、9月と6月に可決され、改正項目の中に”micro entity”(極小事業体)という新たな概念が創設されました。Small entityは50%減額ですが、micro entityは、これまでの出願が4件以下であり、所定の所得制限に適合する団体であり、75%の減額が得られることとなっています。

今週のポイント

  • 米国出願料金としては、application basic fee(出願基本料金), search fee(調査料金), examination fee(審査料金)の3つがある。
  • 出願基本料金の他に、出願が一定の枚数を超えた場合に追加料金としてかかる”application size fee”(出願サイズ料金)がある。
  • 上記の米国特許庁に支払う費用の他に、attorney’s fee(代理人手数料)と翻訳料が大きなウエイトを占める。
  • small entity(小規模事業体)という概念があり、一定規模以下(500人以下)の出願人は料金が半額となる。このほかに米国特許法改正により”micro entity”(極小事業体)が導入され、75%の減額が得られる。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事