第6回 植物特許についての解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国特許としては、実用特許(Utility Patent)、植物特許(Plant Patent)、意匠特許(Design Patent)の3つがあります。これまでお話ししたブランコの揺動方法、アップルの多機能デバイス等の発明は実用特許でしたが、今回は植物特許に焦点を当てています。
米国特許という場合には、通常、実用特許を指しています。これが最も多く出願、特許されています。我が国では、植物特許と実用特許という用語で両者を区別することはしていません。
(参考資料:米国特許公報PP8910号PP12894号から掲載)

Plant Patent(植物特許)の検索

植物特許の米国特許公報を取得するには以下の手順で行います。

US Patent Full-Text Database Number Search

米国特許庁Webサイト→Patents→Search→US Patent Full-Text and Image Database(PatFT)と進みます。
Quick Search、Advanced Search、Patent Number Searchの3つがありますが、特許番号から検索する場合は、”Patent Number Search”を選択し、例えば、”PP12894″と入力します。通常の特許(実用特許)は、何ら記号を付さずに単に特許番号を入力するのみですが、植物特許は、”PP”のコードを付けます。

Utility Patentとの相違

“Nolo’s Patents for Beginners”(NOLO, 6th edition)という書籍の46頁に、以下のように記載されています。」

“Since the late 1980s, utility patents have been issued for man-made plants or elements of plants”. “These patents have been issued for elements of plants such as proteins, genes, DNA, buds, pollen, fruit, plant-based chemicals; and the processes used in the manufacture of these plant products”

「1980年代後半から、実用特許は、人工植物又は植物の要素につき発行されてきた。」
「これらの特許は、植物の要素、例えばタンパク質、遺伝子、DNA、つぼみ(芽)、花粉、果実、植物ベースの化学物質、及びこれら植物生成物の製造において使用される工程につき発行された。」

Plant Patent(植物特許)の例

前項で検索してみたPP12894号の特許公報を見てみましょう。”12894号”の植物特許のAbstract(要約)には、以下のように記載されています。

“A distinct cultivar of Chrysanthemum plant named `Orange Yodanville`, characterized by its uniform and upright plant habit; strong, moderately vigorous, and very freely branching growth habit; dark green foliage; uniform flowering response; early flowering, eight-week response time; large decorative-type inflorescences that are about 9.8 cm in diameter; orange ray florets that twist slightly as inflorescences develop; and excellent postproduction longevity with plants maintaining good substance and color for at least four weeks in an interior environment”.

「”Orange Yodanville”という名称の「キク科植物」の顕著な栽培品種であって、均一かつ直立性の草性、強く、適度に活き活きとしており、非常に自由な分岐成長習性、濃緑色の葉、均一な花成反応、早咲き、8週間の応答時間、直径約9.8センチの大きなデコラティブ咲き花部、花部が成長するにつれ、オレンジの舌状花が若干よじれ、室内環境において、少なくとも4週間は、良好な性質及び色を保持する草木を有する生産後の優れた寿命特性により特徴付けられる。」

Background of the Invention(発明の背景)

“The present Invention relates to a new and distinct cultivar of Chrysanthemum plant、botanically known as Chrysanthemum×morifolium and hereinafter referred to by the name `Orange Yodanville`”.

本発明は、キク科植物の新規かつ顕著な栽培品種に関し、植物学的にはChrysanthemum×morifolium(キク科キク属)として知られ、以下、”Orange Yodanville”という。

解説

要約やクレームに出てきた”Orange Yodanville”の定義がここでなされています。

It is clamed(請求項)

1.A new and distinct cultivar of Chrysanthemum plant named `Orange Yodanville`, as illustrated and described.

「(図面で)説明され、かつ記載された”Orange Yodanville”という名称のキク植物の新規かつ顕著な栽培品種。」

解説

このように請求項を、”It is claimed”と表現することもあります。
この植物特許のクレームはこの一つです。後述するように、植物特許のクレームは一つのみと規定されています。しかもほとんど特定がなされていません。
“illustrated”、”described”は、特許英語ではよく並べて使われる単語ですが、前者は「例証する」「図解する」、後者は「記載する」の意味です。
“illustrate”は主に図面が記述するという場合、”describe”は文章を説明するという場合に使われます。
“a new and distinct”は、既に植物特許の明細書やクレームでよく用いられるフレーズです。次に紹介する特許では、”a new and distinctive”と表現されています。

別の植物特許を見てみましょう。バラの植物特許です。PP8910号の要約には以下のように記載されています。

“A new rose variety of the Hybrid Tea class characterized by having large well formed peach/pink flowers on a thornless bush with glossy foliage”.

「光沢のある葉を持ち、とげのない木に、大きくかつ形の良いピーチ/ピンク色の花を形成することを特徴とする、ハイブリッドティー系のバラ新品種」

“I claim”(請求項)

“1. A new and distinct variety of rose plant of the hybrid tea class, substantially as herein shown and described”.

「本書面に十分に図示され、かつ記載されたハイブリッドティー系のバラ植物の新規かつ顕著な品種。」

Description(明細書)

“The present invention relates to a new and distinctive variety of rose plant of the Hybrid Tea class、which was originated by my crossing `Smooth Lady` U.S. Plant Pat. No. 6147 as the seed parent with `Smooth Sailing` as the pollen parent”.

「本発明は、ハイブリッドティー系のバラ植物の新規かつ顕著な品種であって、種子親としての”Smooth Lady”(米国特許6147号)と花粉親としてのSmooth Sailing”の交配に由来する品種に関する。」

解説

このように植物特許では、「〜系に属する」か、そして由来する交配を記載することがあります。

“Among the novel characteristics possessed by the new variety which distinguish it from:
(a)All other varieties of which I am aware are:
(1)Stems without thorns.
(2)A very floriferous plant.
(3)Peach/pink flowers with 35-40 petals.
(4)Very disease resistant and vigorous.
(b)Seed parent:Pink flowers, 22-24 petals which quill.
(c)Pollen parent:Cream flowers”.

「(a)私が知っている他の全ての品種と区別できる、新品種が持つ新規のうち、
(1)とげのない茎、
(2)多くの花をつける草木、
(3)ピーチ/ピンク色の花35〜40個の花弁
(4)疾患抵抗性があり、活き活きとしていること。
(5)種子親:ピンク色の花、管状にひだをつける22〜24個の花弁。
(6)花粉親:クリーム色の花。

“Asexual reproduction of the new rose variety by budding, as performed at Tulare, Calif., shows that the aforementioned and all other distinctive characteristics come true to form and are established and transmitted through succeeding propagations.

「カリフォルニア州トゥーレアでなされた発芽によるバラの新品種の無性的繁殖は、前記したかつ他の全ての顕著な特性が実現して形成され、次々と起こる増殖により確立され、かつ伝播されたことを示している。」

“The accompanying drawing shows typical specimens of the vegetative growth and flowers of the new variety in different stages of development and as depicted in color as nearly true as it is reasonably possible to make the same in a color illustration of this character”.

「添付図面は、栄養増殖及び成長の種々の段階の新品種の花の典型的な標本を示しており、このタイプの色の記述において、同一のものを製造することが無理なく可能である程度に、現実に近い色で描かれている。」

“The following is a detailed description of my new variety, with color terminology in accordance with The Royal Horticultural Society Colour Chart(RHSCC). The terminology used in the color description herein refers to plate numbers in the aforementioned colour chart, e.g., ”53A” is plate “53A” of The Royal Horticultural Society Colour Chart”.

以下は、英国王立園芸協会カラーチャート(RHSCC)による色彩用語を持つ私の新品種の詳細な記述である。本書面の色彩の記述で使用される用語は、上記カラーチャートにおけるプレート番号を参照しており、例えば53Aは、英国王立園芸協会カラーチャートのプレート53Aである。

解説

英国園芸協会カラーチャート(RHSCC)は、色を記述する基準として、植物特許ではよく用いられます。

Plant Patent(植物特許)の出願料金

Plant patentに限らず、通常のUtility Patent 、Design Patentでも同様ですが、米国特許出願関連の料金は、US PTO Webサイトの”View Fee Schedule“で調べられます。
USPTO Webサイト→Patent Process→View Fee Scheduleと進みます。
Plant Patent の出願関連の料金は、

  1. Patent Application Filing Fee(出願料金)
    US $ 600
    * small entity(小規模事業者)は半額のUS $300
  2. Patent Search Fees(特許調査料)
    US $ 330
    * small entity(小規模事業者)は半額のUS $165
  3. Patent Examination fees(特許審査料)
    US $ 170
    * small entity(小規模事業者)は半額のUS $85
  4. Patent Issue fees(特許発行料)
    US $ 1,190
    * small entity(小規模事業者)は半額のUS $595
参考知識

“small entity”は、今後も出てきますが、小規模事業者を指します。上記からわかる通り、料金が半額になります。”small entity”の定義は、MPEP(米国特許審査基準)1.27に規定されており、”person, small business concern, non-profit organization”(個人、小企業事業、非営利団体)を指します。減額された費用が適用されるのは、13.C.F.R. 121.802に”small business Whose number of employees, including affiliates, does not exceed 500 persons”(関連会社を含め、従業員の数が500人を超えない)ことが条件とされると規定されています。

植物特許に関する規定

植物特許に関する米国特許の規則などを見てみましょう。
先ず、植物特許の定義です。

35USC 161 Patents for Plants
“Whoever invents or discovers and asexually reproduces any distinct and new variety of plant, including cultivated sports, mutants, hybrids, and newly found seedlings, other than a tuber propagated plant or a plant found in an uncultivated state, may obtain a patent therefor, subject to the conditions and requirements of this title”.

米国特許法161条植物に関する特許
「栽培変種、突然変異体、雑種、新たに発見された苗(塊茎増殖された植物又は栽培されていない状態で発見された植物を除く)を含む、いずれかの顕著かつ新規な植物品種を発見、あるいは発見し、かつ無性生殖させたいずれの者も、本条の条件及び要件に従うことを条件として、上記に関する特許を受けることができる。」

MPEP1605 Specification and Claim
“(c)The specification should include the following sections in order:
・・・
(3)Statement regarding federally sponsored research or development.
(4)Latin name of the genus and species of the plant claimed.
(5)Variety denomination
・・・
(9)Detailed botanical description.
(10)A single claim.
(11)Abstract of the disclosure”.

MPEP 1605 明細書及びクレーム
(c)明細書は、以下の項目を順に含んでいる必要がある。
・・・
(3)連邦支援の研究開発に関する記述
(4)特許請求された植物の属と種のラテン名
(5)品種の名称
・・・
(9)詳細な植物学的記述
(10)単一のクレーム

解説

上記のほか、発明の背景、発明の概要を記載する点は実用特許と同様です。

MPEP1607 Specimen

“The applicant may be required to furnish specimens of the plant, or its flower or fruit, in a quantity and at a time in its stage of growth as may be designated, for study and inspection. Such specimens, properly packed, must be forwarded in conformity with instructions furnished to the applicant”
“Specimens of the plant variety, its flower or fruit, should not be submitted unless specifically called for by the examiner”.

MPEP1607標本

「出願人は、研究又は検査用に、指定された量及び成長の段階において一回で、植物、その花又は果実の標本を提供するように要求される場合がある。このような標本は適切に包装され、出願人になされた指示に適合して送付される必要がある。」
「植物品種、その花、果実の標本は、審査官が特に要求しない限りは提出することができない。」

解説

植物特許の場合、標本の提出を求められることがあります。しかし、ここに規定されるように、審査官の要求により初めて提出されます。

37 CFR 1.163. Specification and arrangement of application elements in a plant application.
(a)The specification must contain as full and complete a disclosure as possible of the plant and the characteristics thereof that distinguish the same over related known varieties, and its antecedents, and must particularly point out where and in what manner the variety of plant has been asexually reproduced. For a newly found plant, the specification must particularly point out the location and character of the area where the plant was discovered.

37CFR1.163 植物出願における出願要件の指定及び取り決め
(a)明細書は、植物の可能な限り十分かつ完全な開示、これを関連する公知の品種と区別する特徴、その系統を含んでいる必要があり、特に、どこで、かついかなる態様で植物の品種が無性的に繁殖したかを指摘する必要がある。新たに発見された植物については、明細書は特に、その植物が発見された場所及び地域の特徴を指摘する必要がある。

解説

37CFRは、米国特許法施行規則であり、米国特許の根拠条文として頻繁に出てきます。

MPEP 1650
37 CFR 1.164. Claim

“The claim shall be in formal terms to the new and distinct variety of the specified plant as described and illustrated, and may also recite the principal distinguishing characteristics. More than one claim is not permitted”.

クレームは、記載され、かつ記述された特定された植物の新規かつ顕著な品種に対し、正式な用語で記載され、主要な際だった特徴も記載することができる。2つ以上のクレームは認められない。

コメント

植物特許のクレームは1つのみ認められる、という根拠条文はここにあります。

“Where color is a distinctive feature of the plant, the color should be positively identified in the specification by reference to a designated color as given by a recognized color dictionary or color chart”.

色が植物の顕著な特徴である場合は、広く知られた色辞典やカラーチャートを示すことにより特定された色に言及することにより、色が明細書で積極的に特定される必要がある。

“A plant patent is granted only on the entire plant. It, therefore, follows that only one claim is necessary and only one is permitted. A method claim in a plant patent application is improper. An example of a proper claim would be “A new and distinct variety of hybrid tea rose plant, substantially as illustrated and described herein.”

植物特許は、植物全体にのみ認められる。したがって、一つのクレームのみが必要とされ、一つのクレームのみが認められるという結果になる。植物特許出願の方法クレームは適切である。適切なクレームの例は、「本書面に十分に記述され、かつ記載された新規かつ顕著なハイブリッドティーローズ植物」である。

今週のポイント

  • 植物特許(plant patent)は、実用特許(utility patent)、意匠特許(design patent)と並んで、
    米国特許の一つを形成している。
  • 植物特許を検索するには、米国特許庁Webサイトの”Patent Number Search”で例えば、”PP12894″と入力する。このように植物特許のサーチでは、”PP”のコードを付ける。
  • 植物特許のクレームは1つのみと規定されている。
  • “a new and distinctive variety”は、植物特許の明細書やクレームでよく用いられるフレーズである。
  • 植物特許では”Sample”の提出が求められることがある。

特許翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

技術背景を持ち、それぞれの国の法制度の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
日本特許庁・米国特許商標庁・欧州特許庁・中国特許庁・韓国特許庁の出願要件に則って特許明細書を翻訳し、お客様のご要望にお応えいたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事