第134回 日本語の漢字の読み方は何通り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語の漢字の読み方は何通り?

先生:以前の授業で「韓国語の漢字の読み方はいく通りあるか」についてお話ししましたが,今度は日本の漢字音の読み方を見てみましょう。日本の漢字音の読み方はいくつあると思いますか。

マユミ:いくつと言われても…,日本語の場合は無数にあるんじゃないですか。

先生:マユミさんも直感派ですね。韓国語の漢字音を調べたように,ちょっと頭を使いましょう。韓国語の漢字の子音で終わるものは-k(ㄱ),-n(ㄴ), -l(ㄹ),-m(ㅁ),-p(ㅂ),-ng(ㅇ)の6つでしたね。日本語もㄱ(キ,ク),ㄴ(ン)ㄹ(チ,ツ),ㅁ(ン),ㅇ(イ,ウ),で終わるものしかないのです。

タイゾー:なるほど。日本語には子音で終わる音はありませんからね。

キョースケ:つまり,日本語の漢字音は,第2音節が「イ」「ウ」「キ」「ク」「チ」「ツ」「ン」で終わるものしかないということですか。

先生:そうです。具体例をア行で見て行きましょうか。

■ア行の漢字の読み方

単音節
アイ エイ
オウ
イキ エキ
アク イク オク
イチ
アツ イツ ウツ エツ オツ
アン イン ウン エン オン

先生:このように,アで始まる漢字は「ア」「アイ」「アク」「アツ」「アン」と読むものしかないんです。同じようにイで始まる漢字は「イ」「イキ」「イク」「イチ」「イツ」「イン」だけです。ウソだと思ったら,自分で調べて見てください。

マユミ:たったこれだけとは驚きですね。

ケンタ:「アキ(秋)」とかあるじゃないですか。

タイゾー:ケンタ君,これは訓読みでしょう!

キョースケ:そういえば音読みで「アア」「アウ」「アエ」と読む漢字はないですね。

マユミ:ウで始まる漢字は「ウ」「ウツ」「ウン」だけですか…。

先生:こうやって書き出してみると,ア行はたったの24種類です。

タイゾー:ほかの行はどうですか。

先生:カ行の漢字も同じです。「イ」「ウ」「キ」「ク」「チ」「ツ」「ン」を付けてみればいいんです。ただしカ行の場合は「キ」は1音節漢字のみで,第2音節に「キ」が来る漢字はないですね。

■カ行の漢字の読み方

単音節
カイ ケイ
クウ コウ
カク キク コク
キチ
カツ キツ クツ ケツ コツ
カン キン クン ケン コン

■ガ行の漢字の読み方

単音節
ガイ ゲイ
グウ ゴウ
ゲキ
ガク ゴク
ガツ ゲツ
ガン ギン グン ゲン ゴン

■カ行の拗音漢字の読み方

キャ ギャ キュ ギュ キョ ギョ
キョ ギョ
キュウ ギュウ キョウ ギョウ
キャク ギャク キョク ギョク

ケンタ:日本語の漢字音ってこんなに単純なんですね。

先生:まとめてみましょう。日本語の漢字の読み方(音読み)は,先ほど言いましたが,ア行は24,カ(ガ)行は52,サ(ザ)行は54,タ(ダ)行は38,ナ行は15,ハ(バ)行は44,マ行は18,ヤ行は7,ラ行は24,ワ行は4で総計280種類にしか過ぎません。そして,日本語の漢字の音読みから韓国語での音をなんとか類推することができるので,時間がある限り漢字の読み方を覚えていくことが大切です。

*今年最後の授業です。新年は1月7日から再開します。よいお年を!

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事