第119回 待遇法・超整理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先生:しばらく授業を休んでいましたが,きょうから「韓国語上級教室」を開講します。「上級」といっても,そんなに難しい勉強をするわけではありません。みなさんはもう何年も韓国語を勉強しているのですから,縮こまらないで,もっと背伸びをしましょう。新しい気持ちで「上級」にチャレンジしてみてください。

登場人物
先生:古狸案先生
キョースケ:学習歴6年,団体職員
ケンタ:学習歴5年,会社員
マユミ:学習歴3年,大学生
タイゾー:学習歴4年,高校教師

待遇法・超整理法

先生:語学のテキストはどの言語でもそうですが,「はじめての~」「一から始める~」「もう一度習う」…なんて,それこそ山のようにあります。みなさんも,そろそろ差別化して勉強していかなければいつまでたっても進歩はありません。どんどん語彙力,表現力をつけて,さらなる飛躍を目指しましょう。この教室では,ふつうの参考書にはあまり載っていないような事柄をたくさん勉強していきたいと思っています。みなさんも最後まで授業に付いてきてくださいね。

マユミ:最初の授業は何の勉強ですか。

先生:まず「待遇法」の勉強から始めましょう。「待遇」というのは,人や客をもてなすことですよね。たとえば「このあいだの韓国旅行は,それこそ部長待遇だったよ」などと使います。しかし文法で言う「待遇表現」というのは,言葉で相手にどうやって接するかという「言葉遣い」のことで,話し手と聞き手の社会的関係や心理的距離によって違ってきます。韓国語も日本語も似ているようで,この「待遇表現」には違いがあり,学習者にとっっては難しいところです。

タイゾー:日本語がある程度できる韓国人でも「うちのお父様が~なさいました」なんて言う人,いますからね。

ケンタ:日本人の韓国語も,この「待遇表現」が不自然なために,ネイティブには変な感じに聞こえてしまうことがありますよね。“아버지, 밥 먹어요.”なんて。

先生:この「待遇表現」は,文法書では上称,中称,等称,下称などと堅苦しい表記で書かれていますが,これは簡単に言えば,「上下関係を表す程度」のことです。ていねいか,ぞんざいかということですね。

マユミ:日本語でも,何か頼み事をするときに,偉い先生とか社長さんのような人には「ひとつお願いがございますが,聞いていただけますでしょうか」とていねいに言うし,もうちょっと親しい年上の人とかには「ひとつお願いがありますが,聞いてくれますか」のように言いますよね。

キョースケ:ケンタくんなんか,いつも「おい,キミ!これ頼むよ」と,ぼくに勝手に仕事を押し付けますけどね。

先生:もうみなさん「待遇表現」が何かが分かったと思います。そしてこの表現法はしっぽの部分に現れるんです。

ケンタ:しっぽの部分って…?

先生:語尾のことです。このしっぽの噛み合わせで人間関係がスムーズに行くんです。この語尾変化のうち,上司や先生などふつう年齢の下のものが上のものに対して言うときに使われるのを「上称」と言います。この「上称」は,また,年齢に関係なく,あまり知らない人どうしでの大人の会話でも用いられます。では,具体的に「待遇表現」の語尾の変化を見ていきましょう。これは,ある映画のワンシーンです。ちょっと聞いてみましょうか。

 ― 정원아
 ― 예, 아버지
 ― 테이프 좀 틀어줄래?
 ― 테이프요? 빌려 오신 거예요?

タイゾー:父親が息子を部屋に呼んで,ビデオの使い方を聞いているシーンですね。

先生:みなさんはどちらが父親で,どちらが息子かわかりますよね。

マユミ:はっきりと「待遇表現」の違いが出ていますね。

キョースケ:韓国では,家庭の中でも父親に敬語を使っているんですね。

ケンタ:日本の敬語の使い方とはだいぶ違いますね。

先生:日本の場合は,聞き手への配慮が一番重視されます。目上の人のことを言うときでも,自分の身内であれば謙譲語で話しますけど,韓国語の場合は身内でも年上の人は尊敬の対象なんです。

タイゾー:身内に尊敬語を使うのは,どうしても歯がゆい感じで,上級になってもなかなか慣れませんね。

先生:ここで,韓国語の待遇表現の形を整理しましょう。現代の待遇法は,합니다体(上称),하오体(오/소,우/수の形)(中称),하네体(等称),한다体(下称),해요体(略待丁寧,親しい上称),해体(略待普通,パンマル)の6種類です。韓国では一般に합니다体を합쇼체,하네体を하게체,한다体を해라체と呼んでいますが,とくに名称の違いは気にしなくて構いません。

(1) 합니다体(上称) 내일은 비가 옵니다. 明日は雨が降ります。
(2) 하오体(中称) 내일은 비가 오우. 明日は雨が降ります。
(3) 하네体(等称) 내일은 비가 오네. 明日は雨が降ります。
(4) 한다体(下称) 내일은 비가 온다.  明日は雨が降る。
(5) 해요体(略待丁寧) 내일은 비가 와요.  明日は雨が降ります。
(6) 해体(略待普通) 내일은 비가 와.   明日は雨降るよ。

このうち(1)の합니다体(합쇼체)は,韓国語を一番はじめに習うときの形で,日本語の「です,ます」にあたるものです。相手に対して失礼にならない一番ていねいな形ですね。また, (2)の하오体と(3)の하네体は,主に中年以上の世代でのみ用いられ,若い人の中では,だんだん使われなくなってきています。

マユミ:先生,最近会話でよく使われる~요の形は,女性言葉なんですか。

先生:~요は柔らかい感じがするので,男女の区別なく,ソウルでは会話体で結構使われています。打ち解けたていねいな表現を表すもので,해요体と言っています。イントネーションさえしっかりしていれば,変な誤解はうけません。ただ,この~요の形は少し砕けた言い方ですから,男性は初対面のときにすぐには使わない方がいいでしょう。

*授業内容に興味を持った方はぜひフェースブックの「韓太郎」にアクセスして会員になってみてはいかがですか。
https://www.facebook.com/groups/jkdic/」

【「韓太郎」に会員申請をされる方へ】
韓国語の新語,時事用語・専門用語など,いろいろな分野の語彙を集め,情報交換をする上級グループです。ある程度の韓国語学習歴があり積極的にグループの討論に参加してくださる方が対象です。参加される方は「韓国語と関係のある活動歴」を記した自己紹介が必要です。

▼次の方は入会をお断りしています。
① プロフィールがシルエットの方
② 承認してから一両日中に具体的な自己紹介などのコメントのない方
③ ある程度の期間の韓国語の学習歴のない方
④ かなりの数の「グループ」に登録している方

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事