第88回 混同しやすい言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“모르는 게 있으면 선생님께 여쭤 봐라!(分からないことがあったら先生に聞きなさい)”というときに여쭈워 봐라が正しいのでしょうか。それとも여쭈어 봐라が正しいのでしょうか。

“말씀 좀 여쭤 보겠습니다. (ちょっとお伺いします)”というときも同じです。여쭈워 보겠습니다が正しいのでしょうか。それとも여쭈어 보겠습니다が正しいのでしょうか。

여쭈다と여쭙다はどちらも使用が認められている복수 표준어(複数標準語)」です。여쭈다の場合ですと〔여쭙니다|여쭈어요(여쭤요)|여쭈었어요(여쭸어요)|여쭈고|여쭈면〕と活用します。また여쭙다を使うと〔여쭙습니다|여쭈워요(여쭤요)|여쭈웠어요(여쭸어
요)|여쭈고|여쭈면〕と活用します。

ですから여쭈워 봐라も여쭈어 봐라も正しい表記です。また여쭈워 보겠습니다も여쭈어 보겠습니다も正しいのです。

さて,この여쭈다と여쭙다はどちらも「目上の人にたずねる/聞く」という意味の謙譲語です。”선생님께서 아이에게 궁금한 점을 여쭈어 보셨어요.”という言い方は間違いで,“선생님께서 아이에게 궁금한 점을 물어보셨어요.”と言わなければなりません。

そのほかにも混同しやすい表現に뵈다と뵙다があります。こちらも使い方の違いをまとめてみました。

뵈다も뵙다も年上の人に使う言葉ですが,뵙다のほうが뵈다よりも謙譲の意志が強く表われています。뵈다は活用するときに뵈-のあとに母音と子音の語尾の両方が続くのに対して뵙-のあとには子音の語尾しか続きません。

뵈다[뵈ː다]
〔뵙니다|봬요|뵀어요|뵈고|뵈면|뵈는/뵌|뵐〕

뵙다[뵙따]
〔뵙습니다|×요|×요|뵙고|×면|뵙는/×은|×을〕

つまり뵈다:뵙다,뵈고:뵙고,뵈게:뵙게は両者とも使えますが,そのほかは次の通りになります。

○뵈니:×뵙으니
○뵈어(봬):×뵙어
○뵈어서(봬서):×뵙어서
○뵈니까:×뵙으니까
○뵈면:×뵙뵙으면
○뵈어라(봬라):×뵙어라
○뵐:×뵙을
○뵈러:×뵙으러

用例を見てみましょうか。

【뵈다】
*그분을 뵈면 돌아가신 아버님이 생각나요. (あの方にお会いすると,亡くなった父のことを思い出します)
*일을 제대로 못해서 사장님 뵐 낯이 없습니다. (仕事がまともにできず,社長さんに合わせる顔がありません)
*그렇지 않아도 선생님을 한번 찾아가 뵈려던 참이었는데요. (そうでなくても先生を一度おたずねしようとしていたところだったんです)

【뵙다】
*말씀으로만 듣던 분을 뵙게 되어 영광입니다. (お話だけお伺いしていた方にお会いできて光栄です)
*어르신을 뵙고자 찾아왔습니다. (ご隠居さんにお会いしようと思ってお伺いしました)
*할아버지를 뵙는 게 무서웠기 때문에 얼른 그 자리를 피했어요. (おじいさんにお会いするのがこわくてすぐその場を離れました)

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事