第86回 北韓離脫住民と韓国語(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる「文化語」と呼ばれる北朝鮮の標準語には「金日成語彙」と「平壌の言葉」を土台にして標準語を定めていますが,韓国語で標準語として使われているソウル言葉とは,かなり異質のものになってきてしまっています。その結果,同じ言葉でもその意味が違って解釈され,誤解が生じることも少なくありません。北朝鮮では言葉を「社会主義の革命と建設のための武器」と位置づけ,この目標を実現すべく語彙の整理作業を国家的な事業として推進してきました。

例えば1949年の漢字廃止後の ‘말다듬기 운동’と1966年以降の ‘문화어 운동’を通じて北朝鮮は漢字語と外来語を固有語に変える運動を展開し,言葉を整理したのです。다듬다というのは「整理する」,「整える」「こぎれいにする」,「手入れする」という意味の動詞です。

漢字語,外来語を固有語に置き換えたもの

(韓国) (北朝鮮)
관절(関節) 뼈마디
녹차(緑茶) 푸른차
월동(越冬) 겨울나이
인력(人力) 끌힘
채소(菜蔬),야채(野菜) 남새
홍수(洪水) 큰물

노크(ノック) 손기척
도넛(ドーナッツ) 가락지빵
라면(ラーメン) 꼬부랑국수
레코드(レコード) 소리판
시럽(シロップ) 단물
아이스크림(アイスクリーム) 얼음보숭이
잼(ジャム) 단조림
젤리(ゼリー) 단묵
주스(ジュース) 과일단물
카스텔라(カステラ) 설기과자
파마(パーマ) 볶음머리
피망(ピーマン) 사자고추
햄버거(ハンバーガー) 고기겹빵

しかし,実際には表記上で漢字を全面廃止したあとも,彼らのイデオロギーを強調するために新しい漢字語を人為的に造り,使っています。また一方では学校での漢字教育も続いています。1949年,漢字の全面廃止以後,大衆の国語語彙に対する理解能力が大きく低下したため,1968年から本格的に漢字教育を実施して,中学校で1500字,高等技術学校で500字,大学で1000字程度を教育しています。これは韓国の常用漢字1800字より多いのですが,実際には非常用的な漢字が多数含まれているためです。

北朝鮮のことばの中の漢字語

南と北で書き方が違う漢字語
(韓国) (北朝鮮)
상이군인〔傷痍軍人〕 영예군인〔榮譽軍人〕
결과〔結果〕 후과〔後果〕
서명〔署名〕 수표〔手標〕
진열대〔陳列臺〕 매대〔賣臺〕
공무원〔公務員〕 정무원〔政務員〕
수업시간〔授業時間〕 상학시간〔上學時間〕
저서〔著書〕 로작〔勞作〕
대중가요〔大衆歌謠〕 군중가요〔群衆歌謠〕
확성기〔擴聲器〕 고성기〔高聲器〕

ています。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事