第82回 センター試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日行われたセンター試験の韓国語を解いてみました。毎年そうですが,だいたい中級以上の実力のある人なら80点以上は取れる問題です。みなさんも腕試しにどうぞ。ただ,長文読解問題は,あまりいい問題ではありません。また,第二外国語には聞き取り問題が無いのですが,今後はぜひ取り入れて欲しいものです。

http://mainichi.jp/graph/edu/center/2014/korean/001.html

韓国でも,センター試験と同じような試験に수능시험と言うのがありますが,この日本語の問題は,毎年ユニークな問題が何問か出題され,日本のセンター試験の韓国語に比べると解いていても楽しいです。例えばこんな問題があります。

・대화의 내용과 가장 가까운 한국 속담은?
ⓐ いやだ,この机,動かない。
ⓑ ほんとう。山田君がいればいいのに……。
ⓐ 彼,力が強いから。
ⓑ あ,山田君,来た!


① 발 없는 말이 천 리 간다.
② 호랑이도 제 말 하면 온다.
③ 말 한마디에 천 냥 빚도 갚는다.
④ 가는 말이 고와야 오는 말이 곱다.
⑤ 낮말은 새가 듣고 밤말은 쥐가 듣는다.

と言うわけで上の①~⑤の中から正解を選ぶ問題です。

正解は「うわさをすれば影」ですから,②の호랑이도 제 말 하면 온다ですね。韓国語版の「うわさ」には虎が登場します。

ではもう一問,挑戦してみましょうか。
・대화의 내용과 가장 가까운 한국 속담은?
ⓐ センター試験の韓国語,楽勝だったよ。
ⓑ すごいね,満点だったんだって?
ⓐ あんな簡単な問題,間違える方がおかしいよ。
ⓑ でも,君だって最初は아,야,어,요だって知らなかったじゃない?


① 개구리 올챙이 적 생각을 못한다.
② 고래 싸움에 새우 등 터진다.
③ 번데기 앞에서 주름 잡는다.
④ 낫 놓고 기역자도 모른다.
⑤ 도토리 키재기.

この答えは①です。どんな人でも立派になる前には下積みがあるわけで,それを忘れてはいけないという戒めのことわざです。

ついでに②は強い物同士が喧嘩をする時,何も関係ない弱い物がその間にはさまって被害を受けるという意味のことわざで「とばっちりを受ける」という意味,③は「釈迦に説法」,④は「いろはのいの字も知らない」,⑤は「ドングリの背比べ」です。

このように,ことわざは,日本と同じものもあれば,韓国の文化が表れている独特のものもあり,興味深く勉強できます。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事