第53回 フェイスブックの「いいね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花環これは韓国人の結婚式の時の「花輪」に当たるもので화환〈花環〉といいます。韓国人は체면(体面)や체통〈體統〉(体裁)を気にする人が多だけあって,知り合いの결혼식(結婚式)の청첩장〈請牒狀〉(招待状)が来たら,どんなに忙しくても行くそうです。それも,축의금〈祝儀金〉(ご祝儀)を届けるためにだけに,料金の高い模範タクシーで乗り付けて。とにかく「来た」ことを確認させる눈 도장〈-圖章〉を押して,食事もせずに慌ただしく帰ります。눈 도장というのは文字通り「目で押すはんこ」,つまり,招待状の送り主にじかに会って握手し,「ちゃんと来て祝議を置いて帰るぞ」と行動で確認させることを言います。

さて,今はやりのフェイスブック,みなさんも페이스북 해요? 
何でも略したがる若者たちは페북と言っていますが,そのフェイスブックの「いいね!(좋아요)」もこの눈 도장に似ていますね。取りあえず「見たヨッ」という感じでしょうか。

最近は何でもワンクリックで簡単に物事が運びます。フェイスブックは,スマホで操作して見たり,記事や写真をアップしたりする人が多いせいか,ワンクリックで済む「いいね!」が横行しています。まさに심심풀이 땅콩の役割をしているのです。ネットでの충동 구매(衝動買い)も,このワンクリックの心理を巧みに利用したものですね。

ぼくはこの「いいね!」があまり好きではありません。「いいね!」をクリックするのでしたら,どこが良かったのか一言でも感想が欲しいですよね。何でもかんでも「いいね!」を押していると,狼少年(늑대 소년)のように,どれが本当なのかわからなくなりますね。

そこで「コメント」のことを韓国語では…といいますと,昔は英語由来で리플(reply)と言っていましたが,最近では댓글と言うようです。ただし,댓글には厳密に言うと2つの意味があり,一つはブログなどに「自分の考えを書き込むコメント(덧붙이는 글=덧글)」のこと,そしてもう一つは,「質問に回答する文章(답변하는 글=답글)」のことです。簡単に言うと,덧글+답글=댓글と言うわけです。

インターネット用語は,次々と新語や造語が出てきては消えますので,なかなか学習が追いつかないと思います。そう言えば日本でも昔は「パソコン通信(PC통신)」などという言葉がはやったことがありますが,すでに死語になりましたよね。

国立国語院でも,新語が登場するたびに目を光らせて「醇化運動」を繰り広げています。ついこの前まで使われていた「ネットユーザー」を指す네티즌(netizen) という語も,いまでは누리꾼に取って代わりました。누리というのは世の中(세상)の古めかしい言い方です。最先端のネット世界に,わざと古風な名前を付けるとは,いかにも役所仕事のようですが,これがかえって効果を上げたのかも知れません。

そのほかの表現は次の通りです。

  • ソーシャルネットワークサービス(SNS):소셜네트워크서비스
  • 友達リクエストをする:친구 신청을 하다
  • 友達申請を承認する:친구 신청을 받아 주다
  • 「いいね」ボタンを押す:‘좋아요’버튼을 누르다

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事