第47回 ネーミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート イメージ日本には和製英語というものがありますが,韓国にも핸드폰,파이팅,에어컨,멘트などの怪しげな콩글리시(Konglish)と呼ばれるKorean Englishが氾濫しています。一番多いのが日本語由来のものです。white shirtsがワイシャツになり,와이셔츠という形で韓国語として定着しました。今,韓国中に林立している아파트も日本語由来の言葉です。

韓国でアパートと言われるものは,日本のマンション(맨션)に相当するもので,広さも日本の常識では考えられないほどです。アパートのステータスは高く,金持ちは一戸建てよりも豪華アパートに住みたがるようですね。今では韓国人全体の何と43.9%が,アパート(マンション)生活をしているといいます。これは一戸建てに住んでいる42.9%を上回る数字です。

さて,今日の話題はこのアパートのネーミングについてです。日本でもマンションのネーミングは奇抜なものが多いですね。業者としては,物件のイメージを決める重要な要素のひとつでしょうが,「アビタシオン」「アドラブール」「アミティエ」「エミネンス」…など,意味もわからないような横文字のネーミングですと,入居者が自分の住所を口頭で伝えたり,書類に記入したりするときに恥ずかしい思いをすることもあります。

もちろん「○○荘」では木造の安アパートを思い浮かべがちですが,かといって,しゃれた洋風の名前でも,いざたずねていったら「何だ,ここか」というような薄っぺらなネーミングも少なくありません。また,最寄り駅からは相当離れているのに,ブランド力のある地域名を使ったりする例も少なくありません。

「どこのアパートに住んでいるの?」ブランド志向の韓国人の,そんな質問に象徴されるように,お隣の国でも어반테라스(urban terrace),트라팰리스(tra-palace), 롯데 캐슬(castle), 로얄 카운티(royal county)など,横文字のネーミングがごろごろしています。これらの横文字のネーミングが流行し始めたのは2000年代に入ってからで,삼성が래미안(來美安)というブランド名で売り出したのが流行の先駆けです。

それでも最初のうちは「漢字音の響き」だけを取った単純なものでした。それがどんどんとエスカレートしていき,삼성が高級アパートに타워팰리스,트라팰리스と命名,대림が아크로비스타,금호が리첸시아(Richensia),롯데が캐슬というぐあいで,2000年代の半ばにはアパートの約半数近くがこのような名前になってしまったそうです。しかしプライドの高い住民は,その名前の意味や由来さえ「今さら聞けない」と,知らないまま住んでいる住民も多いといいます。ちなみに高級アパートの代名詞である자이(Xi) は,eXtra Intelligentの頭文字を取ったものです。

いまや은하수 마을,샛별 단지,장미 아파트などというダサい名前では,住んでいる人も嫌がるそうです。かといって,やたら引っ越しずる訳も行きませんしね。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事