第45回 夫婦の仲は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦げんかは刀で水を切るようなもの イメージよく「夫婦げんかはイヌも食わぬ」といいますが,韓国語では부부싸움은 칼로 물베기. (夫婦げんかは刀で水を切るようなもの)といいます。これをもじって韓国のサイトには부부싸움은 칼로 아내베기. などという恐ろしいジョークも登場しています。

夫婦げんかの鉄則に싸우더라도 금도를 지키는 분별력이 있어야 합니다.と言うのがあります。금도とは漢字語で〈襟度〉と書き,広い度量のことです。要するにけんかになっても大きな気持ちでということですね。

최악의 막말과 행동을 삼가는 것이 금도의 첫째입니다. 막말[発音:망말]というのは,出任せで言う言葉のことです。捨て台詞のようなものですね。そういった最悪の言葉と行動を慎むことが第一だと説いています。

극단적 언행을 하게 되면 나중에 화해를 한 뒤에도 그 상처는 오래오래 서로를 괴롭힙니다. (고도원의 아침편지에서-)
けんかをしたときにひどい言行をすると,後で仲直りをしても,その傷はいつまでもお互いを苦しめます(コドウォンの朝の手紙から)。고도원というのは,道徳教育をしている方の名前のようです。そこから毎日ネットで配信される短いストーリーは,韓国語学習者のヒアリングやリーディングの勉強になります。興味のある方は고도원의 아침편지で検索してみてください。会員登録をすると毎日メールが送られてきます。

夫婦げんかの話が出ましたが,逆に夫婦間の仲が極めてむつまじいことのたとえとして「琴瑟相和(きんしつあいわ)す」という言い回しがあります。「琴」は楽器の거문고,「瑟」は비파のことです。琴と瑟が合奏すると非常に美しく調和することからこう言われています。これを韓国語では금슬지락〈琴瑟之樂〉,または금실지락といっています。

前者は슬〈瑟〉の漢字音が실に変化したものですが,もともとの読み方の금슬지락も標準語として認められています。ただこの熟語は試験には出ますが,あまり実生活では聞かない言葉です。では一般には…といいますと,금실,または금슬という「省エネ」の形で使われます。とくに若い人は短い形で使います。금실이 좋다と言うと,夫婦の仲がいい,睦まじいという意味です。逆に、夫婦仲が悪いことは금실이 좋지 않다と言います。

궁합〈宮合〉と言う語を使って궁합이 맞다,궁합이 안 맞다ともいいますね。궁합というのは「相性」のことです。

ここでもう一つ試験対策です。辞書を見ると,금슬지락,금실지락の発音は[금실찌락], [금슬찌락]と書かれていますが,これは辞書を編纂するときに,編者が韓国語の標準発音を間違って採取した結果だと言われています。現代韓国語では[금실지락], [금슬지락]と発音するのが一般的だそうです。さて,最後に頭の体操をしましょう。

【次の(   )に入る適当なものはどれか。a〜eから一つ選びなさい】
(     ) 신혼생활.

(1)아기자기한
(2)우락부락한
(3)알콩달콩한
(4)깨가 쏟아지는

a(1)(3)(4)のみ
b(1)(2)のみ
c(2)(3)のみ
d(4)のみ
e(1)-(4)のすべて

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事