第28回 しゃべる時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計「時計」という語は,中国・周代に使われた緯度測定器「土圭」の当て字が語源だといわれています。棒を立て,土に映る影を計った日時計のことです。この「とけい」という音に,うまい具合に「時を計る」という漢字を当てはめた先人の知恵には感服します。ですから시계というのは日本語由来の語と言うことになります。

私たちの生活に一番関係が深い時計といえば「目覚まし時計」。자명종《自鳴鐘》といいますが,最近の若者は알람(アラーム)のほうをよく使います。

ではここで小咄を。

말하는 시계

한 남자가 새 아파트로 이사간 후 친구를 초대했다.
친구가 집안을 둘러보다가 큰 솥뚜껑과 망치가 있는 것을 보았다.
“이건 뭐야 ?”
“아, 그건 말하는 시계야. 이따가 새벽에 보여 줄게.”
새벽까지 술을 마시며 놀다가 친구가 다시 말했다.

“아까 말하는 시계 좀 보여 줘.”
그러자 남자는 망치로 솥뚜껑을 시끄럽게 쳐댔다. 그러자 옆집에서 고함 소리가 들렸다.

“조용히 안 해 ? 이 멍청아 ! 지금 새벽 두 시야 ! 두 시 !”

どうです? 笑えましたか。

早いもので今年もあと半月ちょっと…。
세월은 화살과 같다.(光陰矢の如し)ですね。
漢文のように頭からそのまま読み下すと광음여시(光蔭如矢)です。

きょうは最後に「時」を表す表現をいくつか見てみましょう。

目覚ましを6時に合わせる:알람을 6시에 맞추다
時計が5分進んで(遅れて)いる:시계가 5분 빨리(늦게)간다
時計回りに:시계방향으로
時計が止まる:시계가 멈추다, 시계가 죽다

「時は金なり」は韓国語では시간은 금이다です。
「時間は金だ」とは何か味気ないですね。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事