第22回 男だけが住んでいる都市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男だけが住んでいる都市 イメージ中国人の留学生が,こんなクイズを出題しました。「世界の首都のうち,男だけが住んでいる都市はどこでしょうか」。

みなさんはどこだと思いますか? ロス(로스앤젤레스)とかニューヨーク(뉴욕)ですって? ロスには女の人も住んでいますよ。またロスもニューヨークも首都ではないですよね。

答えはソウルです。どうしてだと思いますか。これは中国人が出したクイズだというところがミソです。ソウルのことを漢字でどう書くかが問題です。いまどき「京城」などと書く人はいないでしょう。「京城」は,日本が韓国を植民地として支配していたときの名前で,現在は使われません。

서울という言葉は,もうみなさんご存じのように,もともとは「都」という普通名詞です。新羅(신라)の都だった慶州(경주)を徐羅伐(서라벌)といったところからきた言葉だと言われています。서라벌というのは,「東」または,「新しい」という意味の서라に「野原」を表す벌ということばが組み合わさってできたものです。この서라벌が変化して現在の「都」を表す서울という言葉が生まれ,それが韓国の首都を表す固有名詞になったのです。ですからソウルは漢字では表記できないのです。

しかし漢字の国・中国語ではソウルのことを「漢城」と書き表してきました。何でそれがクイズの答えになるかは,この「漢」という字の持つ意味を考えると分かります。「漢」という字には「男」という意味があるのです。「痴漢」とか「門外漢」とか言うでしょう。「悪漢」とか「無頼漢」とも言いますよね。ですからソウルは「漢城」,つまり「男の城」ということになるのです。

しかし,このクイズもいまでは通用しなくなりました。現在では中国向けのソウルの漢字表記は「首爾(首尔)」(Shǒu’ěr)です。リムジンバスの行き先には「首尓站」…などと表示されるようになりました。ソウルが中国語で朝鮮時代のままの「漢城」と表記されるのは,韓国人にとってあまり気持ちのいいことではなかったのです。そこでソウルの漢字表記を一般公募しこのように決めたのです。現在では中国でもほぼ定着し,台湾や香港でも表記が改められつつあるということです。

しかし私たち日本人にとっては,いくら漢字表記だと言っても「首尓站」が「ソウル駅」だとは読めませんね。韓国人の意識の中には,簡体字,繁体字だけが漢字だという考えがあるようですが,日本式の漢字表記も仲間に入れて欲しいものです。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事