第16回 アパート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート イメージ韓国では,ソウルの市内,市外,また地方都市を問わず,どこへ行ってもこのような高層アパートが建ち並ぶ風景が見られます。韓国のアパートは,日本ではマンションと呼ばれているものに相当し,広さは40坪,50坪はおろか,最近では80坪を超えるものまであります。

そして,韓国の高層アパートと言えば,最近問題になっているのが층간 소음です。漢字で書けば「層間騷音」ですが,韓国のアパートは上の階と下の階との間が狭く,騒音による苦情が絶えません。

A(여)아래층 사람인데 댁의 아이 뛰어다니는 소리 때문에 천장이 쿵쿵 울려서 못 살겠어요.
B(남)아, 죄송합니다. 앞으로는 조심하도록 하겠습니다.

(女)下の階の者なんですが,おたくの子どもさんが走り回る音が,天井にがんがんと響いてうるさいんですが。
(男)あ,すみません。今後気をつけます。

上の階に住むお父さんが아, 죄송합니다. 제가 단단히 주의를 주겠습니다.というと,「子どもに注意するように言います」という意味になります。日本もそうですが,アパート生活は便利な反面,このような近所づきあいが面倒ですね。

さて,ここで,韓国のアパートの歴史をひもといてみましょう。

♪♪쓸쓸한 너의 아파트……(寂しい君のアパート)。この歌,みなさんもカラオケで歌われたことがあるでしょう。1980年代後半に流行した윤수일(尹秀一)のヒット曲・아파트の一節です。

江南(강남)地域がソウル特別市に編入されたのは1963年のことです。当時の江南は人口が 3万人にも満たない,배밭(梨畑)がちらほらと見られる農村でしたが,当時の박정희(朴正煕)大統領は,ソウルの人口が雪だるま式に増えていくのを見て,住居環境が悪くなると憂慮し,漢江以南に目を向けたのです。江北に都心の機能が集中すれば,国家安保面で,危険だという判断も作用したようです。

1969年には江南と江北を結ぶ第3漢江橋(現漢南大橋)が開通し,歌手혜은이の歌う제3한강교と言うトロッと調の歌がヒットしました。そして本格的なソウルのアパートブームは,江南区が生まれた1975年ごろに始まりました(その前から반포 아파트(盤浦アパート)という,当時としては高級なアパートがありましたが)。

それこそ何もなかった江南地区の잠실(蠶室)の野原に,住宅公社によるアパートの群がいきなり出現したのです。そして翌年には압구정동(鴨鷗亭洞), 도곡동(道谷洞), 방포동(盤浦洞)などがアパート地区に指定され,急激に発展していったのです。

当時のアパートは,庶民用のものとして主に13坪型,少し大きめの15坪,17坪,さらに大きい21坪型のものが標準でした。暖房は練炭(연탄〈煉炭〉)を燃やして沸かしたお湯を床下に循環させてオンドルの床を暖める方式でしたが,当時の新婚夫婦たちにとっては13坪アパートでも,この蠶室に自分たちの家を持つことが大きくて素朴な夢でした。

ところが80年代に入って,いきなり25坪,30坪といった広さのエレベータつきの高層アパートブームが吹き始めました。これらの高級アパートは,油を使う中央暖房式(韓国語では煖房と書いて난방と読む)でしたから,隣の練炭を使うアパートに住んでいる人々としては気が沈むような毎日でした。年月は流れて今は江南のその練炭を使ったアパートは全部ガスボイラーになりましたが,それでも,あまりにも狭く窮屈なので,住民たちは「今か,今か」と再開発を待つ立場になりました。

アパートも進化するもので,最近のものは,ゆったりとしていて内外部のデザインも良くなりました。一時,景気が良かったときはそんなアパートは9億ウォンもしたそうです。IMF前の当時の9億ウォンだと100万ドルを越える額ですからね。

この高級アパート群は爆発的な人気を呼び,抽選による分譲で入居を決めるようになってしまいました。そして抽選に落ちた人は,当たった人から権利を買って住むようになりました。そのために,分譲権利にはプレミアムが付き,この프리이멈という言葉が流行語のようにまでなりました。

運良く抽選に当たり,その場で権利を売ると,サラリーマンとしては夢のような大金が一瞬にして転がり込んできました。そして「アパートの分譲=成金」という考えが一般化してきました。‘너도 나도 모두 아파트 추첨’なんて流行語が生まれるくらい「アパートの抽選」の熱風が長い間吹きました。金持ちの婦人たちがいくつものアパートの分譲を受け,プレミアムを付けて転売したりし,アパート分譲は完全に投機の対象として利用されるようになってしまったのです。不動産で金をもうけた女たちのことを指す복부인(福婦人)という言葉も,このころに生まれました。しかし,最近ではアパートの当機ブームも一昔前のような熱は冷めてきたようです。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事