第4回 オレンジ族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オレンジ어지럽게 변하는 세상,目まぐるしく変わる世の中です。ついこのあいだ覚えた오랜지족(オレンジ族)なんて単語も,もう死語になってしまいました。

오랜지족とは,一昔前(‘80年代後半〜‘90年代前半),강남(江南)の압구정동(狎鷗亭洞)一帯を,高級車を乗り回し,金を湯水のごとく使い遊びまわっていた金持ちのドラ息子,ドラ娘たちのことです。

この江南の狎鷗亭洞には,この頃から有名ブランドのブティック(부티크)やおしゃれなカフェ(카페)が続々と誕生しています。

中でも地下鉄・ソウルメトロ3号線の狎鷗亭駅から東に1kmちょっと離れたところにある갤러리아백화점(ギャレリアデパート)から南に伸びる道路は,通称로대오 거리(ロデオ通り)と呼ばれ,有名ブランドや外国メーカーのしゃれた店が建ち並び,韓国の流行を担う若者たちの文化を象徴する代表的な通りとなっています。

この通りは,世界的な映画俳優たちが住むロサンゼルス・ビバリーヒルズの有名なロデオ街にちなんで名付けられたと言われ,1980年代に入って「富裕」「華麗」というイメージそのままを狎鷗亭の通りに焼き付けたものです。

「ロデオ通り」と言う名前は,韓国のファッションストリートによく使われていて,ここ狎鴎亭だけでなく,문정동(文井洞)や건대(建大), 연신내(延新내)にある通りにもこの「ロデオ通り」という名前がつけられています。

오랜지족のことを知らない若い世代のみなさんのためにちょっと復習をしましょう。東亜日報の시사용어 사전(時事用語辞典)によりますと次のようになっています。

・오렌지족〈Orange 族〉
부모세대가 이룩한 물질적 풍요를 바탕으로 서울 강남 일대에서 퇴폐적인 소비문화를 즐기는 젊은이들을 가리킨다. 이들은 70〜80년대 경제성장의 혜택을 받고 강남지역에 뿌리내린 부유층 2세와 부모의 부를 바탕으로 해외여행이나 유학 경험이 있는 부류가 대부분이다.

この語はオレンジのように外側が黄色く,仲が白いというところに由来します。つまり韓国人なのに,白人のように行動し,外国製品を身につけたがる못쓸 놈들(どうしようもない奴ら)という意味でした。

この오랜지족という単語も,「タケノコ族」のように一世を風靡する言葉でしたが,あっという間に死語になってしまいました。

1970年代には日本でもはやった장발족(長髮族), 히피족(ヒッピー族)などという流行語が生まれましたが,韓国語でも「〜族」というと,何か恥知らずで,低俗だという意味が含まれているようです。

当時オレンジ族とともに流行した,高級車を乗り回し,女性とみれば誰かれと「おい,乗らないか(야,타!)」と声をかけた야타족しかりです。

中国にいる少数民族の조선족(朝鮮族)は,中国語として使われるときには問題はないのですが,韓国語的には何か,低級な響きがあり,あまりいい感じがしないというのが朝鮮族の人たちの気持ちだそうです。

*凡例
文中のハングル表記について。
①韓国の地名,人名などは,ハングル表記の後に漢字表記をする。
압구정동(狎鷗亭洞)/건대(建大)
②・韓国語の名詞などについては,ハングル表記のあとに日本語表記を付ける。
히피족(ヒッピー族)
③・日本語の名詞などについては,日本語表記のあとにハングル表記を付ける。
カフェ(카페)

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事