第1回 山がそこにあるから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般の日本人の中には,中国語は漢字があるから韓国語より習いやすいと思っている人が多くいると思いますが,とんでもない話ですよね。

といっても,中国語をやっている人から見れば,韓国語なんて記号のような文字を覚えるのが大変そう,と言うことになるのでしょうか。

さて,漢字の話ですが,現在中国で使われている漢字と,日本,韓国,台湾,香港で使われている漢字は,月とスッポンとまではいきませんが,相当違います。実際に中国に行って中国の町の看板を見たことがある人は「何となくわかったようでわからない」と感じることでしょう。街の看板には「正义」「传言」「礼仪」「广场」「艺术」「儿童」「国际」「丰满」…など,生まれて初めて見た漢字が書いてあるのですから,どうやっても読めません。

中国では識字率向上対策として,常用漢字6,700字のうち2,200字について整形手術をして簡略化しました。これを간체자〈簡體字〉といいます。

この簡体字を,台湾,香港とともに韓国で使われている康煕字典体と呼ばれる번체자〈繁體字〉に直して表記してみましょう。「正義」「傳言」「禮儀」「廣場」「藝術」「兒童」「國際」「豐滿」…。どうです,一挙に魔法が解けたような気がしませんか。

昔から中国,韓国,日本などの東アジアは「漢字文化圏」と呼ばれ漢字を共用し,それぞれの国の文化を発展させてきました。

韓国語の場合,一番画数の多い漢字が使われているために,だんだん漢字の使用頻度が減っていき,日常生活においてはハングル一色になってしまいました。単語の半分以上が漢字語だというのに,漢字文化圏とは名ばかりの存在になってしまったわけです。정의,전언,에의,광장,예술,아동,국제,풍만…など,ハングルで書かれていても,もともとは漢字語の語彙が氾濫しているのです。もちろん韓国語は100%漢字語で成り立っているわけではないのですが,日本語と共通の漢字語が数多くあるということは,日本語を母語とする学習者にとって大いなる利点でもあります。

-왜 산에 올라 가는가. 산이 거기에 있기 때문이다.
これは英国の登山家マロリー卿の有名な言葉です。

エレベータ脇の立て看板私たちも「そこに韓国語があるから勉強する」のです。さぁ、きょうから一緒に韓国語の山に登って行きましょう。

このブログは毎週一度、みなさんに中級韓国語の豆知識をお届けします。みなさんもこのへんで万年初級から抜け出して、もう少し高い所を目指して山登りをしてみませんか。

今日の写真は昨年ベトナムに行ったときに,ホーチミンの空港で撮った写真です。エレベータ脇の立て看板ですが,何と書いてあるのかわかりますか。漢字語です。

韓国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
韓国語DTPにも対応いたします。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事