目からウロコの中国語講座

第49回 インド出身

以前書いたことがありますが、僕の実家はお寺です。一時期、インド哲学を専攻していたこともあったりします(笑)。 インド哲学の知識は、今現在は直接役に立ってはいないのですが、ちょっとした時に「なるほどねー」と思えることがあり …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.09.21

第48回 フォーカスを絞る

以前、塾で英語等の先生をやっていたのですが、中学生くらいになると本当に生意気になってきますね(笑)。勉強したくないので色々と屁理屈を並べたりするのです。 一番多いのは、「英語の勉強はなんのためにするのか」という質問ですね …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.09.07

第47回 2つの「了」

中国語には2種類の「了」があります。 1つは、「完了」を表す動態助詞の「了」。もう1つは、状況の変化を表す語気助詞の「了」。 他寄来了一封信。 tā jì lái le yì fēng xìn 彼は手紙を一通送ってきた。 …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.24

第46回 優勝と準優勝

なでしこジャパン、優勝しちゃいましたね! すばらしい〜。世界一じゃないですか! 僕は以前、台湾の女子サッカーチームが日本に来てなでしこジャパンと親善試合をした時、台湾チームの監督の記者会見の通訳をやったことがあり、その時 …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.10

第45回 くそ!

先日、ある「中国語学会」に参加してきました。何のことはない、ある程度中国語を話せる友人たちとの飲み会なのですがね(笑)。でも必ず中国人の従業員がいる中華料理屋を選び、食った後は中国語カラオケを歌いに行くのです(僕は国歌と …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.03

第44回 無

ご存知の通り、僕は通訳や翻訳をしているのですが、通訳する時は「日→中」が得意で、翻訳する時は「中→日」が得意です(笑)。 通訳では、聞き取るのがまず第一の作業ですから、聞き取りにほぼ不安のない日本語を聞いて、中国語に訳す …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.03

第43回 楽器の名前

伊藤は先日、仙台国際音楽コンクールで通訳をしました。 音楽系の通訳をするために色々と準備をしていた時、色々な楽器の名前を調べたりしました。結構面白いので、ご紹介します♪ ピアノ これはご存知の方も多いでしょうね。「钢琴g …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.03

第42回 不思議な漢字音

日本語の漢字音と中国語の漢字音を比べてみると、不思議なことも結構あります。今日は、日本語と中国語の漢字音を比べてみましょう。 夢(梦) 以前、-nか-ngかは日本語の漢字音(音読み)を考えればすぐ分かるということを書いた …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.02

第41回 音訳語って面白い

以前にもこのメルマガで「白俄罗斯」がベラルーシで「南斯拉夫」がユーゴスラビアで、「宙斯盾驱逐舰」がイージス艦で、それぞれ意味を考えて訳してあり完全な音訳語ではない、というような話をしましたね。 今日は完全な音訳語なのだけ …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.02

第40回 一石二鳥 一挙両得

中国語←→日本語の通訳や翻訳をしていると、中国語と日本語の違いが色々と分かって面白いです。 通訳をしていて思うのは、日本語ってほんとにはっきりものを言わない言語なのだなぁということです。 一度、取材に来た中国人新聞記者が …

続きを読む

目からウロコの中国語講座 | 2011.08.02