第172回 又と再

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じような動作や状態が繰り返される場合に使われる副詞、中国語では「又yòu」と「再zài」がありますね。

この2つの副詞、使い分けがあります。

「又」は、過去にかつて起こった動作・状態が、もう一度起こったという事実を述べる場合。

例:他又来了。
tā yòu lái le
かれはまた来た。

「再」は、過去にかつて起こった動作・状態が、これから先にも起こるように希望・命令等をする場合。

例:明天再来吧。
míng tiān zài lái ba
明日またいらっしゃい。

つまり、大雑把に言えば、「又」は過去、「再」は未来、と分けることができます。

「さようなら(また会いましょう)」というのを「再见zài jiàn」と言い「又见」とは言わないのは、そんな理由です。

この知識は、中国語検定4級や3級でも時々狙われており、様々なテキストに説明が書いてあるので、習ったことのある人も多いことでしょう。

では、クイズです。次の( )には「又」「再」のどちらが入るでしょうか。

1.这本小说我以前看过,昨天( )看了一遍。
zhèi běn xiăo shuō wŏ yĭ qián kàn guo, zuó tiān ( ) kàn le yí biàn
この小説を私は以前読んだことがありますが、昨日もう一回読みました。

2.请( )说一遍。
qĭng ( ) shuō yí biàn
もう一回言ってください。

わかりましたか?

1は「又」です。繰り返された動作「読む」が過去に行われているので、「又」です。

2は「再」です。繰り返される動作「言う」をこれから行うようにお願いする文なので「再」です。

そんなに難しくないですよね?

では、次の問題はどうでしょうか。

3.明天( )是星期一了。
míng tiān ( ) shì xīng qī yī le.
明日はまた月曜日だ。

さぁどうでしょうか。「明天」という言葉があるので未来のことだから「再」でしょうか?

ところが、これは「又」が正解なのです。

明日が月曜日なのは、確かに未来のことを言っているのですが、「明日が月曜日だ」という事実を知ったのは、この発言をする直前で、つまり過去の話です。だからここは「又」なのですね。

ちょっとややこしいですねぇ。まぁ、要するに、単純に「過去」と「未来」で区分けていると足をすくわれる恐れがあるのです。むしろ「事実」を言っているのか「希望・命令」を言っているのか、というふうに分類してみたほうがいいかもしれませんね。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事