第148回 怕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「暑さに強い」とか「寒さに弱い」とか、中国語でどういうかわかりますか?

怕热
pà rè
暑さに弱い

不怕热
bú pà rè
暑さに強い

怕冷
pà lěng
寒さに弱い

不怕冷
bú pà lěng
寒さに強い

お分かりのように、「暑さ/寒さ に 強い/弱い」という場合の「強い/弱い」は、「怕(恐れる)」という動詞を使って「怕冷(寒さを恐れる) → 寒さに弱い、寒がりだ」、「不怕热(暑さを恐れない) → 暑さに強い」ということになります。

このように「怕 pà(原義:怖い)」を使った色々な表現があって、覚えておくと便利です。

たとえば:

怕麻烦 pà má fan

これはどういう意味でしょうか。

まず、「麻烦 má fan」という単語はご存知ですか?これは「面倒をかける」(動詞)、「面倒」(名詞)、「面倒だ」(形容詞)というような意味ですよね。

ですから、「怕麻烦」と言えば、「面倒を怖がる → 面倒くさがりである」というような意味になります。

怕辣 pà là

これはどうでしょうか。

「辣 là」というのは、「辛い」という意味ですね。辛いと言っても色々ありますが、この形容詞は唐辛子のピリピリした辛さを指す言葉です。

ですから「怕辣」なら「辛いのが怖い → 辛いのが苦手」というような意味になります。

怕生 pà shēng

これはどういう意味だと思いますか?

「生shēng」という字は意味がいろいろあるのでわかりにくいかもしれませんが、「ナマ(煮えていない、熟していない)」という意味から派生して「よく知らない」という意味になることがあります。たとえばこんなコトワザがあります。

一回生,二回熟
yì huí shēng, èr huí shú
初対面では見知らぬ同士だった者が、二度目には親しい仲間となっている

こういうことから考えると、「怕生」の意味はわかりますよね?

そう、「人見知りだ」という意味です。知らない人が怖い、というわけです。

上記以外にも、色々なことをコンパクトに言えそうですね。こういう便利表現は、しっかり仕入れておきましょうねぇ(笑)。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事