第140回 嘘でしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各都道府県特有の言葉や文化を面白おかしく紹介するテレビ番組がありますね。結構お気に入りなのですが、いつも仕事と重なってあまり見られません。

先日たまたまこの番組を見ることができたのですが、ある事実を突きつけられ、驚いて椅子からずり落ちそうになりました。

何かと言いますと、「スコップ」という道具と「シャベル(ショベル)」という道具の呼び名のことです。

いずれも土を掘る道具ですよねぇ。でも一般にはその大きさで2つの名前を使い分けているようですが、皆さんはどのように使い分けていますか?

関西出身の伊藤祥雄は、子供が砂場で遊ぶ時に使うような小さなモノを「スコップ」、大人が大きな穴を掘る時に使うような大き目のモノを「シャベル」と言っていたのですが、、、そしてそれが当然であると思い込んでいたのですが、、、

その番組を見ていると、他の地域では逆なのだそうですね!!

では、学校や幼稚園から「明日はお子さんにシャベルを持たせてください」のような連絡が入ったりするわけでしょうか。そんなことを大阪でやったら、保護者の皆さんはものすごくビックリすることでしょう。

逆に、関西出身の子供が東京に引っ越して、お店に行って「スコップくださ~い」って言ったら、お店のおじさんは「さ~て、こんな大きいの持って帰れるかなぁ~?」ってなことを言うことになるわけでしょうか(笑)。

いや~、本当にビックリしました。40数年生きていて、しかも関東に住むようになって10年以上になるというのに、全然知りませんでした。

日本のような小さい国でもこんなふうに、地域によって言葉の使い方が違ったりするわけですねぇ。だったらきっと中国にも同じようなことがありそうだな~と思ってちょっと聞いてみました。

チンゲンサイ

以前にもこのメルマガでチラッと書いたことがあるかもしれませんが、チンゲンサイって中国語で何というでしょうか。

日本でもよくチンゲンサイのことを「青梗菜」と書いてあるのを見ますよね。これをそのまま中国語で呼んだらいいかというと、そうでもないようです。辞書を見ると「青梗菜qīng gēng cài」という言葉も出てくるのですが、中国人は「青梗菜」と聞いてもピンと来ないらしいのです。

だったらなんと言うのか、というと、これが地域によって違うようです。

僕は北京に留学していたので「油菜yóu cài」だと思っていたのですが、上海出身の友達にきくと「青菜qīng1 cài」だというのです。このことを中国人達と話すとひとしきり盛り上がります。自分達は「油菜」なんていわない!とか、「青菜」なんて青い野菜の総称だ!とか、論争が起こってしまうのですよね。中国でもテレビで同じような番組をやると盛り上がるかもしれませんね~。

スプーン

上海人の友人が北京に行った時、何か必要があってスプーンを買いたいと思ってお店に行ったそうです。

でもどこにあるか分からなかったということで、店員に「スプーンはどこにありますか?」と尋ねたそうです。で、その時スプーンのことを彼女はこう言ったそうです。

调羹tiáo gēng

辞書を見てもこの言葉はちゃんと出てきますよね。

でも、通じなかったらしいのです!

身振り手振りで一所懸命説明していると、店員が訂正して言った言葉は、、、

勺子sháo zi

北京では「勺子」っていうようですね。。。

う~ん。中国人同士でも通じないことがあるんですねぇ。ということは、今まで中国人相手に通じなかった言葉も、もしかしたら地域差のせいだったのかも???(←自分に甘い伊藤祥雄…笑)

中国語を始めて間もない頃、中国に一人旅に行きました。四川省の省都の成都という街の百貨店をブラブラ冷やかしていた時、トイレットペーパーを買おうとしていたある見知らぬ日本人旅行者が、紙に「手紙」と書いて店員に渡していたところに遭遇しました。ところが、これがなぜか店員に通じていないのです。

中国語の「手纸shŏu zhĭ」がトイレットペーパーの意味であることは、日本では結構有名な話ですよね。その日本人も、その知識を頼りに「手紙」と書いて店員に渡したのでしょうが、なぜか店員は首をかしげるばかり。

そこで、おせっかいな伊藤祥雄青年(当時19歳)は、「卫生纸wèi shēng zhĭ」と口を挟んだのです。するとすぐにトイレットペーパーが出てきました。

単純な伊藤は、「『手纸』が中国語ではトイレットペーパーの意味だなんて嘘なんだな」と思いこんだのですが、その10数年後に友達の中国人(黒龍江省出身)が「手纸shŏu zhĭ」という単語を使っているのを聴いて、わけが分からなくなったことがあります。

もしかしたら、「手纸shŏu zhĭ」と言わないのは四川省だけで、他の地域では通じるのかもしれませんね。この単語も色々な中国人に尋ねてみようと思います。皆さんもこういう経験があれば色々教えてくださいね~。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事