第139回 賊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、友達の中国人同士が中国語で話しているのを聞くともなしに聞いていると、こんな言葉が聞こえてきました。

zéi kùn!

文脈からして「kùn」は「困kùn(眠い)」であることはすぐ分かったのですが、じゃぁ「zéi」って何ぞや?と思ったわけです。

やはり文脈からすると、きっと「すごく眠い!」とか「超眠い!」みたいな意味だろうなとは思うものの、なぜか今まで僕はこの「zéi」という言葉を聞いたことがなかった(もしくは気がついていなかった)ようです。で、早速辞書を見ると、、、

「贼」という字だそうです(笑)。

なんだか面白いですね~。「贼」って日本でも中国でも「盗賊(盗贼)」というような言葉があるように、すごく悪い印象の言葉ですよね。それが程度を強調するのに使われたりするのですね~。

辞書には、否定的な気持ちを表すのに使う、というようなことが書かれているのですが、実際には色んなことに使えるようで、

贼好!
zéi hăo
超いい!

のようにも言えるそうです。

こういう「贼」のように悪い意味の言葉がいい意味にも使われるような変化は、英語の口語なんかにも見られますよね。例えば bad (悪い)なんていう単語が「抜群の」みたいないい意味で使われたりするそうですが、聞いたことありますか?日本語でも「やばい」という言葉がいい意味で使われることが最近多くなってきたようですよね。「贼」もそういうような単語なのかもしれません。

「贼」のように程度を強調する副詞は中国語にたくさんありますね。テキストでよく見るものとしては、こんなものがあると思います。

  • 很~ hěn とても~(「とても」と訳したが多くの場合強調の意味は無い)
  • 非常~ fēi cháng 非常に~
  • 真~ zhēn 本当に~
  • 太~了 tài~le ~過ぎる
  • ~极了 ~jí le 極めて~だ
  • 特别~ tè bié 特別に~
  • 相当~ xiāng dāng かなり~

結構たくさんありますね。一応それぞれに訳語をつけましたが、厳密に訳し分けなくてもよいと思います。

そして実際の普通の会話では、先ほどご紹介した「贼」のような言葉も色々とあるようです。たとえば:

・特tè
これは多分「特别tè bié」の略だろうと思います。北京にいた時によく聞きました。辞書には載っていますがテキストなんかにはあまり見かけないですね~。

・蛮mán
この字もあまりいい印象のある字ではないと思いますが、程度を強調する時によく使われます。これは本当によく耳にするような気がしますが、なぜかテキストとかには出てこないので、音は知っているけど字は知らないと言う人もいるかもしれませんね。

・超chāo
日本でも若者がよく「ちょ~うざい」とか「ちょーいけてる」とか言ってますが、それと全く同じですね!もしかして日本語から中国に入ったのではないかと思ったら、どうもそうではなく、結構昔から使っているそうです(笑)。

・挺tĭng
これもよく聞きますが、テキストにはあまり出てきませんね(中級以上のテキストには見かけることもある)。よく日本人が「テンハオ」って言っているのを見たり聞いたりするのですが、これって「挺好tĭng hăo」のことでしょうか(笑)。

というように、結構色々ありますね。もっと色々あるかもしれません。皆さんも、テキストに出てくるものばかりでなく、こういうくだけた(?)言葉を使って会話してみたらどうでしょう。ちょっと「通」になった気持ちになれるかもしれません(笑)。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事