第104回 読めない漢字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国語を日本人に教えさせていただいていますが、時々「この簡体字は日本の字だとどの字に相当するのですか?」と尋ねられます。

そうですね。どの字なのかが分かれば、イメージが湧いて中国語の単語が覚えやすくなることもありますので、僕も積極的に解説しています。例えば、「从」という字なんて日本人から見ると「何だろう」と思いますよね?冗談なのかなんなのか「人々」という意味だと思う生徒さんもいました(笑)。

この字は日本の漢字だと「従」という字に相当します。「从cóng」は「〜から」という意味が有名ですが、「从事cóng shì」という単語を見ると、この字が「従」という字であることがよく分かります。(从事=従事する)

しかし、「従」が「从」という形になるというのは、僕たちにとっては非常に不思議です。これは「従」という字の繁体字を見れば分かります。

「從」

お分かりでしょうか。右上の部分が「从」になっていますね。ここだけを取り出したのが簡体字です。

つまり、同じ字だったものを、日本と中国でそれぞれ独自に略字を作ったためにこういう全然違う形になってしまったわけです。

とまぁ、このように日本の字体をお教えすると分かるものはまだいいのですが、日本の字体を見ても分からないものもあります。日本で元々あまり使わない字の場合です。例えば:

・找
zhăo

中国語だとよく見る字ですね。「探す」とか「お釣りを出す」という時に出てくる動詞です。

この字は日本では見かけない字ですから、日本ではどの字に相当するのか?と聞かれることもあるのですが、この字の日本での字体は、このままです(笑)。

漢和辞典で調べてみてください。ちゃんと出てきます。出てくるということは、日本でもこの形のままこの漢字を受け入れ、これ以上簡略化することがなかった、ということです。但し、なぜか日本ではほとんど使われることがなく、忘れ去られていたということですね。でも中国ではしっかり日常的に使う字となっているわけです。同じ字なのに、違う運命をたどっているとは、なんだかドラマみたいですね(笑)。

このような字は意外と存在します。例えば「怎」という字も、いかにも何かの字を簡略化したかのように見えますが、実はこのままで日本にも伝えられています。ただ現代日本語ではほとんど使わないだけです。

逆のパターンもあります。つまり、中国人が見ても読めない(もしくは読みにくい、つい間違って読む)字もあります。

日本で作られた国字(畑、辻、など)が中国人に読めないのは当然ですが、元々中国起源なのに中国人が読めない字というのもあります。例えば:

・潟

この字は簡体字でも繁体字でも同じ字形なのですが、中国語ではほとんど使わないらしく、この字は中国人にとって読みにくい字だそうです。ですから日本の新潟もたいていは

・新泻
xīn xiè
(「泻」は「瀉」という字の簡体字形)

と読まれてしまいます。この「瀉」という字は中国語では「腹を下す」という意味で使われる字です。「潟」という字とよく似ていますし、よく使われる字なのでこの字だと思いこむのは仕方ないですが、ちょっと意味が汚いのが残念ですね(笑)。

あとよく中国人に間違って読まれる字として「岡」という字があります。

正しい発音は「gāng」ですね。

この字は国字ではなく、れっきとした漢字です。つまり中国から伝えられたものです。それにもかかわらず、この字はよくgăngと読まれるのです。

やはり、「岡」という字はあまり中国では使われないからなのでしょうね。たいていは「崗」という字と勘違いされて「岗găng」と読まれるようです。

それから、「堀」という字。

この字は正しい発音は「kū」です。

しかし、この字も中国語ではほとんど使われないようです(小学館の中日辞典によると「窟」という字と同じだと書いてありますから、現代中国語ではこの「窟」という字のほうばかり使うのでしょう。ちなみに三省堂の「クラウン中日辞典」では「堀」という字は出てきませんでした)。

では、中国人はこの字をなんと読むかというと、「jué」です。つまり「掘jué」という字の音を当ててしまうのです。ま、「堀」と「掘」、似ていますから仕方ないですね。

この字については、ある中国人からこのような解説をしていただいたことがあります。つまり、「堀」という字の音 kū は、「哭kū」という字や「苦kŭ」という字を想像させるので縁起が悪いということで、日本人の名前等に「堀」という字がある場合は「jué」と読んでいるのだ、とのことです。

本当かどうか分かりませんが、音の印象というのは確かに大事ですから、縁起の悪い音を避けるということはあるかもしれませんね。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事