第89回 時事文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中国のニュースを聞き取ったり新聞を読み下すのって難しいのですが、どうすればいいですか?」という質問を受けました。

僕も実は中国のニュースや新聞は、そんなに好きではありません(笑)。最大の理由は、あまり面白くないからです。何か大事件や大事故が起これば、僕も一所懸命聴きますが、正直あまり興味のない話題がトップニュースになっていたりすることも多く、どうもな〜と思ってしまいますね。

ま、内容は置いといて、中国語として見た場合、確かに、普段話す言葉とは違う言葉が多々出てきます。でも、すこし分かれば、ぐ〜っと分かりやすくなるような気もします。

中国語は書き言葉と話し言葉が結構違います。ニュースや新聞は、それほど文学的な表現は出てきませんが、やはり書き言葉的な単語が多々出てきます。それをいくつかご紹介しましょう。もしかしたら、今まで「これはなんじゃ?」と思っていたのが分かるようになるかもしれません。

「まだ」と「ない」

たとえば「現在まだ関連の情報はありません」と言いたい時、普通に話し言葉で言うなら

目前还没有相关信息。
mù qián hái méi yŏu xiāng guān xìn xī

というような感じです。ニュースではこう言う場合もあると思うのですが、新聞などではこんなふうに書いていることが多いと思います。

目前尚无相关信息。
mù qián shàng wú xiāng guān xìn xī

つまり、普通「まだ」というのは「还hái」と言いますが、書き言葉では「尚shàng」と言うのです。また、「ない」というのは普通「没有méi yŏu」ですが、書き言葉では時として「无wú」と言うのです。

「〜です」と「初めて」

では、「〜はこれが初めてです」というのはどういうでしょうか。話し言葉だとこんな感じでしょうか。

〜,这还是第一次。
zhè hái shì dì yī cì

しかし、新聞等ではこんなふうに書かれることが多いようです。

〜,尚为首次。
shàng wéi shŏu cì

「还」が「尚」になることは上でも言ったとおりです。それ以外に「初めて」というのは話し言葉では「第一次dì yī cì」ですが、書き言葉では「首次shŏu cì」と言うのです。

更に、be動詞的存在である「是shì」という言葉、これは書き言葉ではよく「为wéi」となります。この字はwèiと読むと「〜のために」という意味ですが、wéiと読むと「是」と同じような意味の言葉になりますので、発音も注意ですね。

「〜時」と「〜くらい」

「午後3時くらい」というのはどう言いますか?

下午三点左右
xià wŭ sān diăn zuŏ yòu

普通の会話ではこのように言うでしょうし、ニュースなどでもこう言うことが多いかと思いますが、新聞等ではこんなふうに書かれていることがあります。

下午三时许
xià wŭ sān shí xŭ

面白いですね〜。「〜時」というのは、書き言葉では日本語と同じ「〜时」なのですね。それから「许」が「〜くらい」という意味になるというのも不思議ですが、面白いです。

では、今日のおさらい(笑)。

还=尚
没有=无
是=为
第一=首
〜点=〜时
左右=许

左側の単語が話し言葉的で、右側の単語が書き言葉的なものです。

中国語は文法的にはそんなに複雑ではありません。ですから語彙力がつけば時事文なんかも十分読めるようになると思います。興味があれば、人民日報のネット版なども眺めてみてくださいね。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事