第86回 「一」の省略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回と前々回を使って数字について詳しくお話しました。
少し日本語と違いますが、基本的には日本語と似ているので、覚えやすいですよね?フランス語の数字などはとても大変だと聞いたことがありますので、それに比べると中国語の数字は楽です。

ところで中国語と日本語の数字の言い方を比べてみて、日本語ではよく省略される「一」が中国語では省略されないということがありましたね?例えば:

日本語「百ひゃく」⇒中国語「一百yì băi」
日本語「千せん」 ⇒中国語「一千yì qiān」

でも、数字を離れると、反対に中国語では「一」という字はよく省略されます。

例えば 「一点儿 yì diănr」。

「まだ少し残っている」というような、「少し」という言葉が結構具体的なものを指す場合は省略しにくいです。つまり:

还有一点儿。
hái yŏu yì diănr
(「还有点儿。」とは言いにくい)

でも同じ「有一点儿」でも「少し暑い。」というふうに言うのであれば:

有(一)点儿热。
yŏu(yì)diănr rè

こうなると断然省略された言い方のほうが多いと思います。「一点儿」が何か目に見えるようなものを指している場合は省略しにくいですが、抽象的な感じだと省略しやすくなるようですねぇ。よく、中国人家庭で食事をいただく時など、次のように言われることがあると思いますが、これも「一」が省略されています。

・多吃(一)点儿!
duō chī(yì)diănr
たくさん食べなさい!

直訳すると「ちょっと多めに食べなさい」というような感じでしょうか。この場合の「(一)点儿」は、厳密に言うと食事の量を指すわけですが、話者の意識としてはそんなに具体的に食事の量を想定しているわけではなく、とにかく「たくさん食え」ということを言いたいわけですよね。だから省略されて言われることが多いようです。

それから、指示代名詞「这」「那」と量詞の間に入った「一」はよく省略されますね。

・这一个人
zhè yí ge rén
この1人の人

これは、普通は「一」を省略して「这个人(この人)」というのが普通です。はっきり「1人」ということを示したい時は「一」を省略せずに言うでしょうが、普通に「この人」というだけの時は、一般に「一」は省略しますね。

で、面白いのは、この時、字面では省略されているのですが、音声上は省略されていない可能性があるということです。つまり、

这个人
zhèi ge rén

「这」という字は「zhè」と読みますが、この場合は「zhèi」と読む人が多いですよね?この「i」は、正に「一」なのです。

「这zhè」+「一yī」⇒「這zhèi」

字面では書かなくても、発音には「一」の名残が残っているわけです。同様に:

・那一本词典
nà yì běn cí diăn
あの1冊の辞書

これも「一」が省略されると:

那本词典
nèi běn cí diăn

つまり、「nà」+「yī」⇒「nèi」というわけです。

日本語では「ではないか」というのを「じゃないか」と発音しますね。「dewa」が「ja」になってしまうわけですが、同じように2つの音節をグチャっと1つにまとめてしまうようなことが中国語にもあるのですね。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事