第71回 ワンワンニャンニャン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月22日は猫の日だったそうですね。「222」で、「ニャンニャンニャン」ということで、猫の日なんだそうです。

日本語はこういう擬声語や擬態語が多くて面白いですね。漫画を見ていると、擬声語・擬態語の嵐です。伝統的な言い回しもありますが、日々新しい擬声語・擬態語が生産されているのも面白いです。我々は初めて聞く擬声語・擬態語でも、なんとなく何を表しているのか分かるから、不思議ですよねぇ。

さて、では中国語ではどうなのでしょうか。

中国語にも、もちろん擬声語や擬態語はあります。でも日本ほどではないです。文字にかけないレベルであればたくさんあるのですが、文字に書くものとして考えると、日本語より格段に少ないと思います。しかし、日本人の感覚とは結構ずれているので、知っておいたほうがいいものも結構あります。

今日は、とりあえず動物の鳴き声から入っていきましょうか。

日本語では「ニャー」「ニャン」「ミャー」「ミー」などありますね。中国語では一般的には

喵喵miāo miāoもしくは咪咪mī mī

です。いずれも日本人にとって受け入れやすい音ですね。

日本語では「ワンワン」が一般的だと思いますが、中国語ではどうでしょうか。

汪汪wāng wāng

日本の場合とそっくりですね。ただ、声調が違いますけどね(笑)。

羊や山羊

日本語では「メーメー」だと思いますが、これも中国語でもあまりかわりません。

咩咩miē miē

日本語は「モ〜」とかだと思いますけど、中国語も同じような感じです。

哞哞mōu mōu

にわとり

にわとりの代表的な鳴き声というと「コケコッコ〜」ですね。これは英語ではcock-a-doodle-dooというのですよね?日本語と随分違うということでよく引き合いに出されますが、中国語ではどういうのでしょうか。これが、また、全然違います。

咯咯gē gēもしくは喔喔wō wō

なんというか、随分あっさりしてますよね。ちょっと期待はずれです(笑)。

日本語だと「ヒヒーン」というのが一般的でしょうね。中国語はこんな感じです。

咴儿咴儿huīr huīr

かなり違うように思いますね。同じ音を聞いても、日本人の感じ方と中国人の感じ方が違うということでしょうか。面白いです。

さて、ここでお気づきかとも思いますが、中国語の擬声語は、圧倒的に第1声が多いのです。上に挙げたものは全て第1声ですね。

とりあえず何か音を発する時、中国人は第1声で発することが多いような印象を僕は持っています。例えばアルファベットのAを単独で発音する場合はたいてい第1声で発しているように思います。

対照的に日本人は第4声(?)が好きですね。「ニャーニャー」も「ワンワン」も「モーモー」もアルファベットの「A」も、皆さんはたいてい第4声で発しているのではありませんか?

どうでもいいことではありますが、とても不思議です。これをもって何かを解明することは難しいと思いますが(笑)、こういうことに気づいて真似をしていくことも、語学の上達方法であり、また語学の楽しみでもあると思います。

さて、1つ皆さんにお聞きしたいことがあります。豚は中国語ではなんと鳴くか分かりますか?

実は、ここ数年、気にはなっているのですが、なかなか探し当たりません。中国の友人にも何人かに聞いてみたのですが、なんと、みんな分からないというのです。

無理に言ってもらうと、すでに言葉ではなく声帯模写になってしまうのですね。当然漢字では書けません。

なんだかとても不思議なのです。日本ではふつう「ぶーぶー」ですよね。誰でも知っている鳴き声です。なのに、中国では決まった言い方がない。大変不思議です。

だれか、豚が中国語でなんと鳴くか知りませんか?あるいは、豚の鳴き声が中国ではちゃんと決まっていないのはなぜか、知っている人はいませんか?

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事