第70回 漢字統一の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年10月31日、北京で第8回国際漢字会議が開かれ、東アジア各国で使われている漢字の字形を統一しようということで合意に達したとのことです。

漢字の影響を受けてきた地域、いわゆる漢字文化圏は、結構広いですね。中国はもとより、台湾、朝鮮半島、日本、あとベトナムもそうですね。ベトナムは今は全く漢字を使わず、すべてアルファベットで表記するようですが、昔は漢字を使っていました。しかし今は全く使わないので、漢字統一ということにはあまり関係がないかもしれません。

朝鮮半島でも以前は漢字が大いに使われていましたが、ハングルという文字が開発されて、すべての韓国語をハングルで表記できるようになりました。現在、韓国ではところどころ漢字が使われたりもするようですが、北朝鮮ではすべてハングルで表記するようですし、韓国の人々は自分の名前を漢字でどう表記するか分からない人もいると聞きます。そう言う意味では、漢字の統一にそれほどかかわりがないように思いますね。(国際漢字会議は韓国の学者の主導で始められたようですが、一般の人々からしてみると、あまり関心がないのではないかと推察します)

というわけで、漢字の統一で色々影響が出てくるとすれば、それは中国、台湾、日本です。正に、日中・日台間で仕事したり交流したりしている我々に影響が出るということです!

今年開かれた第8回国際漢字会議では、字形を統一した漢字(標準字)5000〜6000を作ることで合意に達し、基本的に正字(繁体字…台湾や香港や韓国で使われている漢字)を元にするようです。

ということは、簡体字や日本の略字は無くなっちゃうの?と思ったら、さすが中国。簡単には引き下がりません。字形を統一した標準字に簡体字の字形が存在する場合は、簡体字も維持するんだそうで。。。

ってことはぁ〜、つまりぃ〜、台湾と中国は何も変わらないってこと?

まぁ、漢字のふるさとはアチラですから、コチラにあわせろと言うのも間違っているとは思うのですが、なんだか日本のことが全く無視されていますよね〜(笑)。

このことで色々周りの人の意見を聞いてみたのですが、漢字の統一についてはおおむね好意的に受け入れられているようです。でも考えてみると、僕が意見を聞いた人はみんな中国語をやっている人、もしくは、ちゃんとは勉強してないけど中国や台湾が大好きな人、あるいは、中国や台湾を相手に仕事している人ばかりであることに気付きました。

彼らは中国語に接する時、一番イライラする(?)のは「簡体字」なんだそうです。すっかり形が変わってしまっている漢字を見てイライラするというのですね。それに比べて台湾の文書を見ると、何となく意味が分かるので楽だというのです。だから、繁体字に統一されるのは歓迎だと。

でも彼らは日本人であるにも関わらず、日本のことはあまり考えていないのですね〜(笑)。

一人だけ、こんな意見を言っていました。「つまり、居残りさせられる日本人小学生が増えるってことかな?」

わはは。まことに面白いけど真実をえぐる意見ですね。だって、簡体字と繁体字が共存して、日本だけが繁体字に換えなければならないわけですよね?現行の漢字でも結構大変なのに、更に画数が増えてしまうと、子供の負担は大変かも。

まして、親の世代は繁体字になれていない世代ですから、子供の漢字教育に手を出せませんよ。さ〜大変。イッタイどうなるのでしょうねぇ。

正直言うと、僕は、こんな話は中国と台湾だけでやってくれ、という気持ちです。

字体の統一、そんなに必要でしょうか。日本人まで一緒になって統一しなければなりませんか?どうせ統一したって、言語体系が全く違うのだから、どうしようもないでしょう?

それに、少しだけでも違うからこそ、中国語が外国語だという意識を保てるのだと、僕は考えています。

たとえば「偉大」という字は日本の漢字(繁体字も同じですが)で書かれると「イダイ」と読みたくなりますが、簡体字で「伟大」書かれていると「イダイ」とはどうしても読めません。頭が勝手に判断して「wěi dà」と読んでしまうと思います。

中には、長い間、日本語にも同じ単語があるのに気付いていなかったようなものもあります。たとえば:

優美…优美yōu měi

僕はこの「优美」という単語と日本語の「優美」という単語が同じ字だということに5年くらい気付いていませんでした(笑)。

気付かない可能性もあるから統一しようという意見もあるでしょうが、僕は、気付かなかった伊藤祥雄青年(当時)を褒めてあげたいと思っています。というのは、日本語と中国語は違うんだという気持ちで中国語を勉強してきたから気付かなかったんだろうと思うからです。

まぁ、中華人民共和国は簡体字を捨てる気はないようなので、安心(?)しましたが、だったら何を苦労して統一しなければならないのか、理解に苦しみます。中国人でも台湾人でもない僕が、簡体字も繁体字も読めるようになっているのですから、中国人も台湾人もちょっとのことですぐ読めるようになると思うのです。だったらわざわざ統一しないでもいいじゃありませんか。

だめ?(笑)

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事