第67回 どうしましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のメルマガでは医療関係の言葉をご紹介しましたが、ちょっと一般的な実用性に欠ける内容だったなぁと反省(笑)。

今回は自分の症状を医者に伝える時の言い方を勉強しましょうか。

中国の病院に行くと、医者(医生yī shēngもしくは大夫dài fu)がこのように皆さんに聞くと思います。

哪儿不舒服?
năr bù shū fu
どこが気持ちよくないですか?(直訳)

これは、日本のお医者さんだと「どうしましたか?」という感じでしょうか。これを言われたら、自分の症状を説明しましょう。

発熱

「少し熱があるようです」というのを中国語では何と言うでしょうか。

我有点儿发烧。

wŏ yŏu diănr fā shāo
私は少し熱が出ている。(直訳)

日本語では「発熱」と言いますが、中国語では普通「发烧」なのですねぇ。面白い違いです。
ちなみに中国語で「发热fā rè」と言ってもいいようです。

咳(セキ)のことを中国語では「咳嗽ké sou」と言いますね。これ、名詞としても使えますが動詞にもなります。たとえば:

咳嗽得很利害。

ké sou de hěn lì hai
咳がひどい。

有点儿咳嗽。

yŏu diănr ké sou
少し咳が出ます。

頭痛

頭が痛い時は何と言えばいいでしょうか。

我头疼。

wŏ tóu teng
私は頭が痛い。

僕は北京に留学していたせいか「头疼」という言い方が定着してしまっていますが、南方や台湾などでは「头痛tóu tòng」という言い方が優勢なようですね。

これ、「头疼」で「頭が痛い」という「主語+述語」の構造なのかと思うと、この2文字で1つの形容詞(動詞)として使われることもあるようです。たとえば:

我有点儿头疼。

wŏ yŏu diănr tóu téng
私は少し頭が痛い。

もし「头疼」が「頭が」+「痛い」という主述構造としてしか使えないのであるなら、「我头有点儿疼」としか言えないはずですが、「我有点儿头疼」とも言えるのですね。

また、発音も「tóu teng」と、「疼」は軽声で読まれることがあります。軽声は単独では出てこないわけですから、「疼」が軽声になっている場合は「头疼」で1つの単語と見ることができるわけです。

「结婚jié hūn」が中国語では「動詞+目的語」の構造をしているように、「头疼」も「主語+述語」の構造をしているのかと思ったら、「头疼」で1つの形容詞(動詞)として扱われる場合もあるのですね〜。
一筋縄ではいかないです(笑)。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事