第53回 親族名称

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日生徒さんから、「私のおばの夫は中国人です」と中国語で言いたいのだがなんというのか、と尋ねられました。

冷や汗、であります(笑)。

ご存知の通り、中国語の親族名称は難しいですよねぇ。一時は必死に覚えたのですが、ここ数年はあまり使わないもので、すっかり忘れておりました(笑)。

父母の兄弟までこんなにきっちり区別しているというのは、どういう必要性があったのでしょうね。儒教的な必要性なのか、大家族で暮らしていたからなのか。日本では面白いことに父母の兄弟は「おじ、おば」だけですね。漢字は分けますけど(父母の兄は伯父、父母の弟は叔父、というように)。

さらにその子供となると、日本語は「いとこ」としか言いません。実に大雑把。O型の僕にぴったりです(笑)。

中国では一人っ子政策を始めてもう20年以上になり、兄弟姉妹のいない人が増えてきました。ですから今後こういった複雑な親族名称は徐々に死語になっていってしまう可能性もありますが、まだまだしばらくは無くならないと思います。今日は自戒もこめて、一緒に親族名称を勉強しましょう。

父母

「父亲fù qin」「母亲mŭ qin」や「爸爸bà ba」「妈妈mā ma」は有名なところですが、こんなのはご存知ですか?

  • 爹diē
  • 娘niáng

「娘」というのは中国語では娘のことではありません。お母さんのことです。驚きですね。気をつけてください。

祖父母

父方と母方で言い方が違います。まずは父方を見てみましょう。

  • 爷爷yé ye
  • 奶奶năi nai

母方はこう言います。

  • 老爷lăo ye
  • 姥姥lăo lao

と、こういうふうに僕達は習ったのですが、実はこれらの語彙は北方方言の色彩が濃いようです。次のような文を上海出身の友達に言うと、ちょっと通じにくい感じがしました。

我爷爷比我老爷大两岁。
wŏ yě yě bĭ wŏ lăo yé dà liăng suì
私の父方のおじいさんは母方のおじいさんより2歳年上だ。

どっちがどっちかよく分からない様子でした。ですから、通じてないなと思ったら「我爸爸的妈妈(私の父の母)」などと言って切り抜けましょう(笑)。

おじ/おば

日本語では、父母の兄弟姉妹とその配偶者まで男は「おじ」、女は「おば」ですから本当に楽ですが、中国語は全て区別します。

覚えやすいように、血のつながりのある人と、その配偶者、という組み合わせで覚えましょう。

  • 父の兄…伯伯bó bo
  • その配偶者…伯母bó mŭ

「伯伯」の奥さんだから「伯母」なのですね。覚えやすいです。

  • 父の弟…叔叔shū shu
  • その配偶者…叔母shū mŭ

「叔叔」の奥さんだから「叔母」なのです。簡単ですね。

  • 父の姉妹…姑姑gū gu
  • その配偶者…姑夫gū fu

「姑姑」の夫だから「姑夫」ですね。読んで字のごとく、分かりやすいです。

  • 母の兄弟…舅舅jiù jiu
  • その配偶者…舅妈jiù mā

「舅舅」の奥さんだから「舅妈」。覚えやすいですよね。

  • 母の姉妹…姨妈yí mā
  • その配偶者…姨夫yí fu

「姨妈」の夫だから「姨夫」です。簡単ですよね。

こうやって考えると、「伯」「叔」「姑」「舅」「姨」だけ覚えれば、なんとかなるような気がしてきませんか?覚える労力が随分減ったように思います。伊藤、単純でしょうか(笑)。

いとこ

いとこまで離れると、楽になります。まず、自分と苗字が同じかどうかで大きく2つに分けます。

  • 苗字が同じ(父方の一部)…堂táng
  • 苗字が違う(父方の一部と母方)…表biăo

で、自分より年上の男性なら「兄」、女性なら「姐」、年下の男性なら「弟」、女性なら「妹」をつければいいのです。すなわち:

  • 父の兄弟の息子…堂兄táng xiōng堂弟táng dì
  • 父の兄弟の娘…・堂姐táng jiě堂妹táng mèi
  • 父の姉妹の息子…表兄biăo xiōng表弟biăo dì
  • 父の姉妹の娘…・表姐biăo jiě表妹biăo mèi
  • 母の兄弟姉妹の息子…表兄biăo xiōng表弟biăo dì
  • 母の兄弟姉妹の娘…・表姐biăo jiě表妹biăo mèi

いとこは、すぐマスターできますね。

これ以上遠い親戚については、もう話題に上ることはめったにないでしょうから、とりあえず、ここまで一緒に覚えましょう。僕も頑張ります(笑)。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事