第36回 間違い探し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の中国語の会話文、どこか変です。どこが変でしょう。分かりますか?

第1問

A:那个日本人会说汉语吗?
Nèi ge rì běn rén huì shuō hàn yŭ ma
あの日本人は中国語を話せますか?

B:一点儿会。

Yì diănr huì
少し出来ます。

こういうものって、最初なんとなく変だなと思っても、10回も唱えてみると正しい文のような気がしてくるものなので、あんまり考え込むと危険です(笑)。直感を大切にしてくださいね。

さて、どこがおかしいか、分かりましたか?

そう、「一点儿会」がまずいですよね?正しくは「会一点儿」です。

「一点儿」は「少し」という意味で、「会」は「出来る」という意味ですから、ついつい日本語の語順で並べて「一点儿会」と言ってしまう日本人、結構います。しかし、これは正しくありません。

日本語の「少し」は副詞です。中国語の「一点儿」がもし副詞であればこの語順でいいのです。中国語でも副詞は動詞の前に置きますから。しかし、「一点儿」は副詞ではありません。数量を表す言葉です。何の数量を言っているかというと、この場合は「中国語」です。

この表現、色んな成分が省略されていますので、主語も目的語もすべて省略しないで書くと次のようになります。

他会说一点儿汉语。
Tā huì shuō yì diănr hàn yŭ
彼は少し中国語を話すことが出来る。

「一点儿」の位置、「汉语」の前についていて、ちゃんと「汉语」の数量を表していますよね?

この文から、省略可能な「他」と「说」と「汉语」を省略すると、「会一点儿」となるわけです。お分かりいただけましたでしょうか。

第2問

A:你父亲今年多大岁数?
Nĭ fù qin jīn nián duō dà suì shù
君の父上は今年何歳だね?

B:我不知道。
Wŏ bù zhī dào
わかりません。

A:你回去听他一下。

Nĭ huí qù tīng tā yí xià
帰ったら聞いておいてよ。

さて、どこが変でしょうか。

そう。「听」が変ですね。

「听」は「聞く」という意味ですが、この文での「聞く」は「尋ねる」という意味です。
しかし「听」には「尋ねる」という意味はありません。

日本語では「尋ねる」という意味でも「聞く」と言ってしまうので、日本人はついついこの「听」という動詞を多用するようですが、注意が必要です。

ではどういえばいいかというと、「问wèn」という動詞を使えば解決ですね。すなわち:

你回去问他一下。
Nĭ huí qù wèn tā yí xià

第3問

A:小张呢?
Xiăo zhāng ne
張さんは?

B:他看书在房间里呢。

Tā kàn shū zài fáng jiān li ne
彼は部屋で本を読んでいる。

これは分かりやすいですかね。でも結構やってしまう人多いのですよ(笑)。特に英語の得意な人がやりやすい失敗です。

正しくは「他在房间里看书呢。」ですね。

「在房间里」は「部屋の中で」という意味で、「在」は前置詞(介词jiè cí)です。

英語では、前置詞句は文の最後の方に置かれますよね。「彼は部屋で本を読んでいる」だと英語ではこんなふうに言うと思います。

He is reading at his room.

しかし中国語では、前置詞句は主語と動詞の間に入るのが普通です。その語順は、むしろ日本語に似ています。

「彼は」「部屋で」「本を読んでいる」
「他」「在房间里」「看书呢」

ね?日本語と同じでしょう?

よく中国語は英語に似ていると言われます。確かにSVOという語順をとる点や前置詞を使う点は似ていますが、前置詞句の入る位置や修飾語の位置などは、むしろ日本語に似ているのです。その辺の認識を世間には改めていただきたいなと、常々思っています(大袈裟ですね…笑)。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事