第20回 台湾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾っていい所ですよね。日本が占領していたこともあり、色々と負の歴史があるはずですが、基本的に皆さんとても親日的です。お年寄りの方々の中には流暢な日本語を話される方もいらっしゃいますよね。李登輝前総統も日本の大学を出ているため、とても日本語がお上手です。若い人たちの中には「哈日族hā rì zú」という日本追っかけ族みたいな人々がいますよね。

ですから、日本人にとって台湾というところはとても親しみが持ちやすいところなのでしょう。

言葉は、台湾語と呼ばれる方言はありますが、学校では大陸の言葉(普通话)とほぼ同じ言葉を勉強しますので、我々が日本で習っている中国語がほとんどそのまま通じます。ただ使用している漢字は「繁體字fán tĭ zì(繁体字)」なので、ちょっと慣れないと読みにくいですが。

ところで、今「ほとんどそのまま通じる」と書きましたが、やはり大陸で話されている中国語と台湾で話されている中国語ではちょっと違います。

僕は、仕事で何度も台湾の文書や手紙を訳しましたし、台湾の人の通訳をしたこともありますが、やっぱりちょっと台湾の言葉は苦手です(笑)。

特に文書は、時々全く意味が分からないことがあり、もしかしたら文法も少し違っているのではないかなぁと思うことさえあります。これは一度ちゃんと研究してみたいと思っています。

今日は文法については触れませんが、台湾と大陸で違う語彙等について一緒に見ていきましょう。

駅のホーム

先日、このメルマガの発行人である原口氏のご実家に招待されたのですが、その帰りに「つくばエクスプレス」に一駅だけ乗りました。新しくできた電車ですから、一度乗ってみたかったので、嬉しかったです。

さて、つくばエクスプレスの駅構内にある案内板には中国語や韓国語も書いてあるのですが、「ホーム」のことを「月台yuè tái」と書いてありました。

我々のように大陸の中国語に親しんでいる人にとっては、ちょっと「あれ?」と思いますよね?普通大陸の方では「站台zhàn tái」と言っていますから。

この「月台」という言葉、これは台湾で使われる単語なのです。辞書を見てみると、「月台」の元の意味とは「月見をするためのうてな」とか書いてあったりしますが、それが駅のホームに使われるなんて、なかなか風情がありますね。

フランス

以前、時々台湾のニュースを見ていました。大陸の中国語になれた耳には、台湾のニュースキャスターの話す中国語は結構新鮮で、とても面白かったです。

ところで、台湾のニュースを見ていて一番ビックリしたのは、「フランス」という言葉です。

僕は、フランスのことは「法国fă guó」と習いましたし、実際に大陸ではそう言っていると思うのですが、台湾のニュースキャスターは「fà guó」と読んでいたのです。

最初は勢いあまって間違えただけかと思いましたが、何度も「fà guó」と読まれていました。これは驚きました〜。全然違う言い方をするというなら分かるけど、多分漢字は同じだろうに、発音がちょっと違う。しかも、一般人が言うなら方言の影響と思って片付けてしまう所ですが、正確な標準語を話すはずのニュースキャスターがそのように言っているのですから!こういうのって他にもたくさんあるのでしょうか…。

〜と〜

接続詞の「和hé」(〜と)はご存知ですよね?英語のandに相当する単語で、「AとB」と言いたければ「A和B」というわけですが、どうも台湾の人が話しているのを聞くと、「hé」とは言ってないようです。

漢字も違うのかもしれませんが、どうもhànというように言っているような気がします。

友達の台湾出身の女性が、ある文書を朗読しているのを聞いたことがあるのですが、文書を目で見ていても、彼女は「和」と書いてあるのを「hé」とは読まずに「hàn」と読んでいました。とても不思議です。でもこれも慣れておかないと聞き取れないので、皆さんもちょっと頭の片隅に置いておいて下さいね。

パンダ

中国の珍獣とされていたパンダもすっかり世界の人気者になりましたが、中国語で何というか知っていますか?これも最近ではすっかり有名になりました。「熊猫xióng māo」ですよね?熊のような、猫のような、確かにそのとおり。面白いネーミングですね。

ところで、実はパンダのことは台湾では「猫熊māo xióng」と言うこともあるそうです。
これにはビックリ。「猫」と「熊」が反対に並んでいるのですから!

まぁ、猫が先でも熊が先でも問題はないのですが、どうして大陸と台湾で言い方が違うのでしょうねぇ。不思議です。

こんな風に、字をひっくり返している単語って他にもあるようですね。僕がいますぐ思いつくのは「地道dì dao」(本場の)です。台湾では「道地dào dì」というらしいです。

同じ中国語ですが、やはり別々の発展をしていますから、色々と違って当然です。我々が相手によって切り替えるのは難しいですが、ちょっと知っておくと便利ですよ。皆さんも気がついたら僕に教えてください。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事