第6回 外来語の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、インターネット上の掲示板への書き込みを翻訳することもあります。日本批判を日本語に訳すので、いたたまれないときもあります。先日も、大変ドギツイ表現で書かれている書き込みを翻訳しましたが、TMDという言葉が出てきてビックリしました。僕が「TMD」という略語を見てまず思い浮かぶのは、戦域ミサイル防衛構想ですが、日本批判の真っ只中に出てくる語彙ではないし、一体これは何だろうと随分考えたりネットを探し回ったりしました。そしてようやく「他妈的tā mā de」(罵り言葉の1つ)のことを言っていることが分かり、ホッとしました。

辞書に出てこないような言葉を調べるとき、インターネットは便利ですね。地名、薬品名、略語などは、普通の辞書ではなかなか調べられないので、インターネットを使って検索してみますと、英語名が分かる場合があります。英語名さえ分かれば、そこから日本語を探せます。その英語をそのままカタカナにすればよい場合も少なくありません。

お分かりのとおり、日本語はカナ文字があるので外来語を受け入れやすいのですが、中国語には漢字しかないので、外来語を受け入れにくいのです。そこで、外国から輸入されたモノや概念を中国語で言う場合、意訳して新しい言葉が作られる場合が多いようです。

しかし、地名などあまり意訳できないものもありますし、地名なのに意訳されていたり、意訳と音訳の組み合わせであったりと、中国語の外来語は結構面白いのです。一緒に見て行きましょう。

  • 瑞士 ruì shì スイス
  • 瑞典 ruì diăn スウェーデン

いずれも「瑞」という字が使われていますが、この音はカナで書くと「ルイ」というような感じの音です。「スイス」や「スウェーデン」とは似ても似つかぬ音のように聞こえますよね。しかし、これを広東語の発音で読んでみるとどうでしょう。

  • 瑞士 sui6 si6 スイ スィー
  • 瑞典 sui6 din2 スイ ディーン

これだと、実際の音にグッと近くなりますね。おそらく広東語から拝借した書き方なのでしょう。こういったタイプもあるのです。

このように地名の場合は音訳のものがほとんどです。しかし、一部意訳が入ったり、全て意訳になっているものも実はあります。へ〜っと目からうろこが落ちますよ。

  • 南斯拉夫 nán sī lā fū

これはどこでしょうか。直訳すると「南スラブ」です。そんな国あったっけ?と思われるでしょうが、日本では「南スラブ」という言い方はしていません。これは「ユーゴスラビア」です。

「ユーゴスラビア」と「南斯拉夫」とを見比べると、「スラビア」と「斯拉夫」が対応するのは容易に想像できると思います。では「ユーゴ」って何なのでしょうか。「南」という意味なのでしょうか。

実は正にそのとおり。「ユーゴ」には「南」という意味があるそうです。日本では基本的に地名は意訳をしませんから、「ユーゴスラビア」と聞いても意味の区切れなど全く考えませんよね。僕は「ユーゴス=ラビア」と区切って読んでいました(苦笑)。中国語をやらなければ知らないまま一生過ごしていたことでしょう。

まぁ、中国語で「ユーゴスラビア」を全て音訳にすると長くなりすぎるということもあり、一部意訳するという道をとったのかもしれません。

  • 白俄罗斯 bái é luó sī

これはどこか分かりますか?直訳すると「白ロシア」という感じですが、日本ではそういうふうには呼んでいません。

これはなんと、「ベラルーシ」です。

「ルーシ」の部分が「ロシア」という意味だというくらいは想像がつきますが、「ベラ」は白いという意味なのでしょうか。これまたそのとおりで、スラブ語でbelaというと「白い」という意味なのだそうです。しっかり意味を考えて訳していますねぇ。

  • 宙斯盾驱逐舰 zhòu sī dùn qū zhú jiàn

これ、なんだか分かりますか?地名ではなく、駆逐艦の名前です。

実はこれ、イージス艦なのです。

しかし、「宙斯盾」の部分と「イージス」と、全く音が似ていません。これってどういうことだろうか、と随分悩んだことがあるのです。時間のあるときに調べてみたのですが、意外なことが分かりました。

「イージス(Aegis)」とは、ギリシア神話の神様「ゼウス」が持つ「盾」のことなんだそうです!

つまり、「宙斯」とは「ゼウス」の音訳で、「宙斯盾」とは「ゼウスの盾」という意味だったわけです!

「イージス」を音訳にしてしまっても字数はそれほど変わらないと思いますが、「ゼウスの盾」と意訳した方が分かりやすいですからね。

いやはや。中国人のご苦労には頭が下がります。

中国語翻訳のお問い合わせはインターブックスにどうぞ

それぞれの国の事情を理解したネイティブ翻訳者が翻訳を担当いたします。
台湾語をはじめ北京語、広東語、上海語などの方言や簡体字、繁体字などにも対応しています。
電話番号 03-5212-4652
お問合せはこちら

関連する記事